コラム “他人軸”になっていない?「自分をおざなりにしている人」がしたほうがいいこと~その1~

自分をおざなりにする人がしたほうがいいこと1:自分の願望を知る

自分をおざなりにしている人は、きちんと自分の願望を自覚することが大切。自分が本当にしたいこと、望んでいることが分かっていないから、他の人に流されてしまうところもあるのです。

<Bさんの恋人は、いつもデートプランの提案をしてくれるのはいいのですが、自分がやりたいことばかり。
結局、恋人がやりたいことに自分が付き合っていることが多く、だんだん彼と会うのが面倒になってきているそうです>

この場合、Bさんの恋人は自己中ですが、Bさんにも落ち度はあるでしょう。たまに、「自分からは提案をしないのに、相手のプランには文句を言う人」がいます。そういう人は、自分が本当は何をしたいのかが見えていないから、ただただ否定をしてしまうため、相手を苛立たせてしまうことがあるのです。
「自分が何をしたいのか」なんてことは、他の人に聞いても分かりません、自分にしかわからないことです。だからこそ、普段からきちんと「自分の心の声を聞く」ことが大切なのです。

なかには、「自分の心の声を聞く方法が分からない」という人もいます。そういう人は、きちんと自分に質問してみましょう。
例えば、「今、何を考えている?」「今、何をしたい?」「今、何が欲しい?」と、敢えて会話形式で自己に質問をし、それに答えていくのです。その時は、「わからない」なんて答えではなく、きちんと考えて答えを出すことが大切です。

ただし、基本、自分をおざなりにしてしまう人は、他の人に気を遣いすぎてしまうことが多いので、自分の願望があっても、「こんなことを言ったら、わがままになってしまうかもしれない」とか、「相手に不愉快な思いをさせてしまうかもしれない」と思って、言えないことも少なくありません。
そんな人は、「人を不愉快にしない言い方」を学ぶ必要があります。それについては、後半で紹介します

1 2

プロフィール

コラムニストひかり

夕刊フジでコラム連載をきっかけにコラムニストに。近著に電子書籍『“子供おばさん”にならない、幸せな生き方: ~自分を愛するということ~』(ステップモア)、書籍『愛される人の境界線 -「子供おばさん」から「大人女子」に変わる方法』(KADOKAWA/中経出版)など。公式ブログ「ホンネの “子供おばさん” 日記」や4コマ漫画「子供おばさん」で、アメブロの公式トップブロガーとして活躍。ホンネの“子供おばさん”日記(https://ameblo.jp/olhonne/)4コマ漫画「子供おばさん」(https://ameblo.jp/kodomoobasan/)