コラム まだ間に合う!今年を「いい1年だった」と思うために、今からでもできること~その2~

今年はどんな1年だったでしょうか? 今年を「いい1年だった」と思うために今のうちにできるといいことは何でしょうか。

~その1~では、「『何かをすることだけが経験ではない』ことを理解する」「『今年はどんな成長をしたのか』を考える」について紹介しました。
~その1~はコチラ

何か1つでも、成長しておくと「今年はそれなりにいい1年だったな」と思えることはあるもの。今年はもう残り少ないですが、まだできることはあります。

年末年始休暇で、新しいことに挑戦してみるのもOK!

数日でもできることに挑戦する

もし「何も成長していない」と思う場合は、今からでもできることに挑戦してみるといいでしょう。
<Cさんは、今までSNSには疎かったのですが、「これからはこういうのも使えるようにならなくてはいけない」と思い、挑戦したそうです。そうしたら、趣味や価値観の合う人たちとオンライン上で出会い、新たな人間関係を築けたのです。
「自分の世界を広げるためにも、これからはどんどん新たな技術に挑戦していったほうがいいな」と思うようになったのだとか>

人は経験することで、発見したり、学んだりすることが多いもの。だから、新たなことに挑戦することで、得られることは色々とあるのです。
Cさんの場合は、新たな人間関係が築けただけでなく、「これからは新たな技術にも挑戦していこう」と思えるようになったことで、今後、人生が好転していく可能性もあるでしょう。
ささいな挑戦であっても、その後の人生に大きな影響を与えることもあるのです。

それでいうと、年内に自分のためになりそうな本を1冊でもいいから読んでおくのもいいかもしれません。これなら、本の内容にもよりますが、2、3時間で達成できることもあります。
思考によって、言動が変わり、周りの人の反応が変わってきます。「思考を改善することによる効果」を侮ってはいけません。たった1冊の本で人生が好転する人もいるくらいです。

そのほかにも、「資格の勉強を始めてみる」「副業に挑戦してみる」「起業を想定して準備を始めてみる」など、今まで興味はあったけど、手を出していなかったことに挑戦し始めてみると、場合によっては、“人生を大きく変える一歩”になり得ます。
そうすると、今年は「自分にとって意味のあった一年」になるのです。

1 2