コラム あなたには価値がある!自分に対する無価値感の対処法~その1~

新年を迎え、「今年こそは、色々なことにチャレンジしたい!」と思っている人も多いでしょう。そんなときに、自己に対して「無価値感」を抱えていると、勇気を出せなくて挑戦しにくくなってしまうことも…。
無価値感はどうやって手放していけばいいのでしょうか。

「どうせ私なんて」が口癖になっていませんか?

まずは、無価値感を抱いていることを自覚することが大事!

「私は、無価値感なんて抱いていない」と思っている人でも、実は抱いていることが多いものです。だから、まずは自分が“無価値感を抱いている”ことを自覚することが大切です。

<Aさんは、恋愛をすると、恋人に尽くし過ぎてしまいます。それは、自分が愛情豊かだからだと思っていたのですが、実は、心のどこかで「普通にしていたら、相手に愛されないのではないか」「恋人にフラれてしまうのではないか」という不安を抱えていることに気づいたそうです。
それは、過去に大好きだった恋人に、こっぴどくフラれた経験が原因だと感じたといいます。
それからは、ただただ「自分は愛される価値のある人間なんだ」と自己に言い聞かせ、心から信じるようにしたそうです。その結果、好みの異性のタイプが変わり、恋人を大切にしてくれるような男性と恋愛するようになれたのでした>

自己をどう思っているのかによって、雰囲気や言動は変わってきます。それによって、周りの人の態度が変わってきたり、縁のできる相手に変化がでてきたりするものです。
「自分は価値のある人間なんだ」と思っている人は、失礼な態度をとる人に対しては嫌悪感を示すし、距離を空けます。逆に、自分の価値を見出せない人は、そういう相手に対してもヘラヘラ笑って、相手に気に入られようとへりくだってしまうことがあります。その結果、相手の態度や人間関係は変わってくるのです。
だから、人から大切にされたいのであれば、自分に対する無価値感は手放したほうがいいでしょう。

1 2