コラム 「モテたい」と思う人ほどモテにくい理由~その1~

「モテたい!」と思っている人は多いもの。でも、そう思っている人ほど、むしろモテにくくなってしまうことがあります。それはなぜでしょうか?

いい女を演じ過ぎてしまう

「モテたい」と思って、いい女を演じてしまうと、むしろ、愛されにくくなってしまうことはあるかもしれません。

<Aさんは、合コンでは気合を入れてオシャレをして、素敵な人と思われるような受け答えや振る舞いを心がけています。
でも、なぜか自然体でいる女友達のほうが男性陣に人気なのだとか。自分の何がいけないのか分からず、「自分に合コンは合わない」と感じているそうです>

「隙のなさ」や「合コンに慣れている感じ」があると、男性のほうが「僕なんて、とても、とても…」と気後れしてしまうことがあります。
一緒にいて緊張してしまう相手よりも、心地よいと思う相手のほうがいいという人は多いもの。だから、むしろいい女を演じないで、リラックスをして、少し抜けているところがあったほうが、人気が出ることがあるでしょう。

また、いい女を“演じている”と不自然さが出るので、男性陣に気づかれてしまうこともあります。女性だって、「あ、この人、今、いい男を演じているな」と勘づくことは、ありますよね?
仮に合コンのときはうまくいったのだとしても、その後、何度かデートを重ねれば、ボロが出て、演じていることがバレバレになってしまうことも。
演じていたキャラと落差があればあるほど、相手はダマされた気になってしまうこともあります。

でも、「演じないと、ありのままの自分では、好かれるはずがないから!」と思うかもしれません。だったら、演じるのではなく、本当に“自分が素敵だと思う人”になれるように努めたほうがいいでしょう。外面(そとづら)だけ良くしないで、内面からきちんと変わるのです。
もし努力してもなれない場合は、そもそも「自分とはキャラクターが違う」可能性は高いです。自分とはかけ離れたキャラクターを演じて、いくら相手に好かれたのだとしても、その男性は“演じているあなたのキャラ”が好みなのであれば、実際の相性は良くはない可能性は高いでしょう。

だから、自分の持ち味を生かした上で、より素敵な人になれるように努め、そんなあなたを「いい」と言ってくれる相手を見つけたほうが、長い目で見て幸せになれることは多いでしょう。

1 2