コラム 「この男とはもう二度と会いたくない」女が思わず帰りたくなる初デートとは?

恋愛事情専門家・恋愛コラムニスト神崎桃子の「男の言い分vs女の言い分」……。

出会い系や婚活アプリで結構やりとりしていても、実際デートしてみたら幻滅した……なんてことはよくある話。

または会社や職場で顔を合わせてたけど、プライベートで会ってみたらガッカリだった、……な~んてことも。

今回は「もう勘弁、この男とは二度とデートしたくない」となる女の心理を探ってみた。

あまりにひどいファッションセンス

・「マッチングアプリで仲良くなった彼。初回はわかりやすい場所ということで銀座の○○時計の下で待ち合わせ。ワクワクドキドキでそこへ向かったら、なんとTシャツに半パンの彼が……そしてなぜか靴下にサンダル。明らかに周囲の人の視線が痛かった」(30代女性/販売)

・「仕事で知り合った彼から食事に誘われた。前から気になっていた男性だったのでデートの日が楽しみで。しかし、待ち合わせ場所に来た彼は別人だった。仕事のときは制服のスーツが似合っていてすごくカッコ良かったのに、まるで釣りにいくオッサンみたいないでたち……、一緒に歩きたくなかった」(40代女性/ホテル)

――デートのとき、トンチンカンな格好で登場してきた男性に思わず引いたという経験を持つ女性は少なくない。

もちろん、私にもこの手の記憶が!

男性から食事に誘われ、指定の待ち合わせ場所で「相手の私服姿」を確認した瞬間、Uターンして帰りたくなったもんね(笑)。
「え~~~そのカッコでお店に入るの?」っていうくらい衝撃的なファッションセンスだった

男性がTPOを考えてくれず、服のことはまったくおかまいなしだと、女性は隣にいて恥ずかしい思いをする。

別にトレンドに乗ってくれとはいわないけど、それなりには気遣ってほしいのが女心だよね。

また、仕事や職場ではスーツや制服でビシッと決めてる男性でも、私服になるとめちゃめちゃダサいなんてことも……。

“制服マジック”に騙されないようにね(笑)。

食や店の好みがまるであわない

・「まだ付き合い出しの頃なのに『ココおいしいんだよ』と彼に言われてランチに入ったのはハンバーガーのお店。別にハンバーガーは嫌いではないけど、若い子ならともかく、いい年した女がでかい口でかぶりつくのは憚れる。おまけに彼が私に注文したハンバーガーがこれまた食べにくくて……サンドしてある中身が飛び出て服を汚してしまった。よそいきのワンピースなのに(泣)。一気にテンション下がりました」(40代女性/教育関係)

・「婚活サイトで知り合った彼がラーメン好きなのは知っていた。でも、まさか初デートで連れてかれるとは!『この店は俺の中で一番なんだ』と言われても、普通デートでチョイスしないだろうがって感じ……。店の中は暑いし、床は汚いし、ラーメンのスープは油がギトギト!彼はデートというものまるでわかってない。一人で食べ歩きすれば?って嫌味を言いたくなりました」(30代女性/スポーツインストラクター)

――デートの明暗を分けるのは「何を食べるのか?」「どの店に入るのか?」だよね。

もちろん、付き合いもかなり親密になっていたらハンバーガーをかぶりついたって、ニンニクの入ったラーメンをずるずる啜りあったって構わないかもしれない。

でも、気心が知れる前は違う!

女はデートで自分の見栄えや食べる姿が醜くなるようなメニューや料理なんて、なんとしても避けたいもの。

しかし、困ったことに男というのは自分のテリトリーに女性をつれたがるきらいがあったりする。

そこで男好みの飲食店や看板メニューを押し付けられると、女の心に不満が芽生えるのに……。

油でベタベタのお店よりも、清潔で爽やかな店内で食事したいのが女というもの。

デートにおいての食の価値観は女性にとってかなり重要!

味の好みも店の好みも違うとなると、女はその男とデートを重ねたいとは思わないんだよね。

1 2

Ranking

Information