コラム 「なんで俺が奢らなきゃいけないの?」男と女のデート支払い問題

恋愛事情専門家・恋愛コラムニスト神崎桃子の「男の言い分vs女の言い分」……。

男と女の恋愛関係の明暗がかかっているのは“お金の出し方”といっても過言ではない。

筆者はこれまでに過去に幾度も「デートにおける支払い方」の記事を書いてきたが、昭和から平成、令和と時代が変わってもそれは男女の永遠のテーマといえる。

今回は男性編!!「なんで奢らなきゃいけないの?」となる男の真意に迫る!

「自分の気持ちがそこまでじゃないから」「付き合えるかわからないから」

・「俺はきちんと“付き合う”ってなれば奢りますよ。まだどうなるかわからない相手に正直、お金なんて出したくない。過去にお見パや婚活イベントでカップルになった女性との食事では奢ってましたが、ただ食事しただけ……奢って損したって感じです」(40代男性/自動車関係)

・「婚活や出会い系のアプリを使って女性を食事に誘ったりしても、すぐ『この人と付き合う』ってなるわけじゃない。何人かと並行して会ったりするから、すべての女性と会うたびに奢ってたらこっちの身がもたない……」(30代男性/公務員)

――奢らない男性の言い分としては「まだこれからどうなるかわからないから」って話。

よく「釣った魚に餌はやらない」というけれど、この場合は逆よ、逆(笑)!
「釣れるか釣れないかわかんないのに餌をやる必要はない」ってこと。

まさに先行投資ナシ(笑)!
「この子なら大丈夫だ!間違いない!」と思える相手ができたら、お金を使うってことね。

奢ってやってもその先がないとなれば、「なんだよ!奢ってやったのに」「俺にいいこと何もないじゃん」「俺だけ損した」ってモヤッとする……。

でも「付き合える確信がもてるまでは奢らない」とは言ってるけど、本当は「他の女も見てみたい」「この先、もっといいのが現れるかも」という期待を抱いているのもあるんじゃない?

「お金目当ての女とは付き合いたくないから」

・「俺と会うのは『お金出してもらえるから』とかだったらイヤなんで。お金じゃなく俺に興味があるかどうかをはかるためにも出さない。そこで女の本性が見える」(30代男性/商社)

・「男を利用して飯を食いたいだけかと勘ぐってしまう。男が奢らなければ付き合わないという女は信用できない!」(30代男性/教育関連)

――う~ん。男性が「奢らなければ付き合わないという女は信用できない」というなら、
「可愛くなければ付き合わない」「若くなければ付き合わない」という男性もいるからねぇ。

信用できないのはお互い様(笑)。

「俺は女の財布代わりじゃない」というのは確かにあるけど、それじゃあ女だって「私はあなたのアクセサリー代わりじゃない」ってなるよ。

お金に惹かれるのが悪なら、顔に惹かれるのだって悪でしょう。

同じその人の持ち物なんだから(笑)。

大体、職場や趣味のサークルとかで自然に出会ってコミュニケーションとりながら好きになっていくという場合じゃない限りは、「パッと目に見えるもの」「わかりやすいもの」に惹きつけられるのが普通なんじゃないの?

男性なら女性の外見や年齢、女性なら男性の肩書や収入とか。

そんな最初の取っ掛かりに興味を持ってから、その先の中身をもっと知ろうってなる。

初っ端から「中身で勝負!」「外見でなく内面をみてくれ!」はネット恋愛や婚活では難しいと思うけどね。

だから、「『お金持っていそう』と思われるのが嫌」「お金に釣られて来る女はいけ好かない」なら、男性は婚活のプロフには“あえて年収を下げて書く”とか、「僕は奢らないスタンス!」と備考欄に添えるべきだね。で、女性陣から「器ちっちゃい」「セコい」で終了~。

婚活市場で「奢らない男」が女性に人気なんてことは、まずないからね。

1 2

Ranking

Information