コラム 「女って損だよね」「男がうらやましい」となるジェンダー不平等とは?

恋愛事情専門家・恋愛コラムニスト神崎桃子の「男の言い分vs女の言い分」……。

女としてこれまで生きてくれば、
「あ~~男だったらこんなことないのにな」
「女って損だわ」

というシチュエーションになったことは、きっとあるはず。

今回は、そんな悔しい思いをした女性たちの言い分に迫る。

「女って損!」と思う理由~社会は男を優遇?「女のくせに」の風潮がある

・「世界男女平等ランキングが物語ってるように、現実日本の男女差別はまだまだある。
私は仕事で実績を作りたいのに、女だからという理由で責任のある仕事をさせてもらえないし、ずっと下っ端のままで上にはあがれない。上司も役職も全員が男だし、それが暗黙のルールになってる」(30代女性/建設関係)

「女が“物申す”と、なにかと叩かれますよね。男性だと、『カリスマ』とか『異端児』とか『型破り』なんていわれるのに……。会社だけでなくSNSでも女性は攻撃されやすい。ネットの誹謗中傷とかも、『女のくせに』みたいな感じあるし……。公の場で発言するときの男尊女卑は、まだあるのではないでしょうか」(40代女性/経営)

――仕事をしていく上で、「社会は男に都合よく作られている」「自分が男ならもっと意見が通ったはずなのに……」と感じたことのある女性は少なくないはず。

神崎桃子自身も、社会に出てからセクハラやパワハラに悩み、「世の中ってホント理不尽だ……」と涙を流したことが幾度もあったなぁ(笑)。

確かに今の時代、これまで男性しかできなかった仕事や職種にもチャレンジできるようにはなってるし、女性起業家も増え、女性航海士や女性パイロットなどももはや珍しくはない。
しかし、女性が男性と同じポジションに就く、とか、任務を任されるのは男性以上の努力が必要なはず。
これまで当たり前だった男性社会の中で、のし上がっていくというのは並大抵ではないよね。しかも、女性が活躍しだすと「生意気だ」と叩かれたり、出る杭は打たれるなんてことも……。

加えて男性の中には「家事や育児は妻の役目」というジェンダーから、女性の仕事や夢を応援してくれないなんてケースもある。
結婚しても女性の家事労働の負担が大きくては、のびのびと仕事をすることはできない……。

いくらアベノミクスが女性の社会進出を推奨しても、結婚相手の男性が協力してくれなければ、土台ムリな話なのよ。

「女って損!」と思う理由~女は外見で判断されやすいから

・「男って能力次第で評価を得られるけど、女って外見がそれなりでないと難しい。自分の努力や生き方というより、生まれながらのもの、つまり姿かたちで評価されることが多いと思う。だって私の知ってる美人な女は、みんな稼ぎのいい男をゲットして裕福な結婚生活を送っているもの。女が得をするのは美人で生まれた場合に限ります」(40代女性/公務員)

・「女は損って思うのは、男が女の顔や外見でふるいにかけるから。男同士の会話なんて『あいつブスだな~』『俺、ムリ~』『もっと痩せりゃいいのに』なんて批評してるんですよ。だって昔、合コンで自分が影で言われてたの耳にしちゃったもの。今、その場にいたら『ブサメンのあんたに言われたくない!』って言い返したいですけどね。男はブサイクでも通用するとこあるから羨ましい」(30代女性/販売)

――男よりもルックスで左右されやすい立場の女性、どうしたって損。
女は生まれながらのもので、ずっと勝負していかなけりゃならない!もし整形するにしたってお金はかかる。何もしないでも美人な人に対抗するって、ホントとんでもないことよ(笑)

並以下の女がハイスペ男子をゲットするのは、相当な苦労と強いメンタルがいる!

たいがい男性が女性を評価するときは、目に見えるものから入ることが多いもの。
男は「美人には弱い」「美人には優しい」とはよく言われること。
男性たちに、「目の前に困っている美女と、困っている不美女がいたらどっちを助けるか」なんて聞くだけ野暮ってもんだ(笑)。

しかも、最悪なことに男から選ばれる女はマウントをとりたがる。

結婚や恋愛で「勝ち」だの「負け」だの言ってるのは、女同士だけ。

人の彼氏やダンナの年収・職業に探りを入れて、
「私はあなたより幸せ」
と自分と相手を比べて優越をつけようとする。

「男だったらこんなことないのに」……という女の損得は否めない。
そういう意味では「男の世界は生きやすい」よね。

1 2