コラム 「若く見える」「見た目が若い」は女の武器にはならないのか?

恋愛事情専門家・恋愛コラムニスト神崎桃子の「男の言い分vs女の言い分」……。

人からよく「若いですね」と言われる、同世代の女性からしたら自分は「若く見える」と感じている……なんて女性は少なくないもの。

しかし、見た目が若くてキレイだからっていい気になってはいけない。

今回のコラムは「若く見える」ことが女の武器になるとは限らない理由について言及しよう。

若く見えることが武器にならない理由1.「私、美人でしょ」の自惚れが透けて見える

・「ひと昔前のBBAとは違って、今の女性は確かに若く見えますね。髪型や化粧、フッションなんかも工夫し、健康や体重を気にして食事のバランスを考え、身体のラインが崩れないようにエクササイズやトレーンングをしたり……。その努力はもちろんリスペクトします!しかし、『私はそこそこイケてる』と思っていたとしてもその自惚れが表に出たらダメです。謙虚さがないと。女って年取るとなんで図々しくなるんですかね。言いたいことを何でも口にしたり、自分の意見を譲らなかったり……。見た目が若い自信家の女性は一緒にいて疲れます」(40代男性/貿易)

――自分の身につけたスキルや仕事に自尊心を持つのはアリだけど、あまりに自分の価値を高く評価するのはいただけないよね。

特に美へのプライドは要注意!
「私って美人でしょ」「若く見えるでしょ」の自惚れが見えると、男はかえって引くってもの。

男が好きなのは女性のつつましさであって、思い上がりではないよね。

へりくだることも大事ってことを心に刻まないと。
女性が年々失われるのはお肌の潤いだけでなく、謙虚さなのよ(笑)

いくら美人でも「謙虚な態度」がなければ男は
「一緒にいると疲れる」
「心から楽しめない」
……ってなる。

男は「見た目いい女」と付き合いたいのではなく「居心地のいい女」と付き合いたいんだから。

若く見えることが武器にならない理由2.別に褒めただけで本気じゃないから

・「相手の年齢を知った時『マジっすか?どう見ても○○歳にしか見えない!』と女性に言ってあげると、すげ~喜ぶじゃないですか(笑)。女性から『いくつに見える?』と聞かれたとしても、自分が感じた年齢よりかなり若く見積もって答えますよ。それが男の気遣いです(笑)」(30代男性/飲食店店長)

――「若く見えますね」「とてもその年には見えない」と男が賛美の声をあげたとしても、それはリップサービス!! そう言えば女が喜ぶことを知っているからね。

だいたい20代の若い女性にならいざしらず、アラフォー以上の女性に「自分の見て感じたまんま正直に答えられるか」って話。それこそ非常識になるんじゃない?ガチで女性の年齢を当てにいく男などいるはずがない(笑)

私の知り合いの男たちの“女性への社交辞令”は「5歳差し引く」こと。
“場合によって”は、「マイナス10歳」にしてあげることもあるって言っていた。

だから見た目が若く見えることで、調子に乗っちゃダメ。

それに「若く見えますね」と男に褒められたとしても、それが「女としてアリ」になるワケじゃない。

「え?私、まんざらでもない」となっていいのは、その男が現に迫ってきたらの話です(笑)

1 2