コラム 「若く見える」「見た目が若い」は女の武器にはならないのか?

若く見えることが武器にならない理由3.男への理想や条件がうるさいから

・「若く見せてる女性って自分磨きにお金かけてるから、『私は安売りしないわ』ってオーラが出てる。婚活アプリや出会い系をやってたので、そういう女性がわかります」(40代男性/医療関係)

・「若さや美しさを保ってる女性って、“男を選べる立場にある”と思っていますね。前に婚活パーティで知り合ったアラフォー女性がそうでした。誘った場所が居酒屋だったせいか不機嫌に……。まぁ確かに美人さんにはふさわしくないお店だったかもしれないけど。『この男、この程度?』って見下したんじゃないですか。全て自分に釣り合うかどうかで判断してるんでしょう」(40代男性/運送)

――年の割に若くてキレイな女性は、なにかと自己投資しているだろうからね。エステやボディーメンテナンス、審美歯科などあげたらきりがない。

で、「若く見える私には、あなたみたいなオッサン不釣り合いでしょ」と、自分より年齢のいった男性や自分と同世代の“若々しく見えない男性”を見下しちゃうんだよ。

自分の年齢の現実を見ず、自分磨きに力を入れている女性ほど、男に対しての条件がうるさかったり理想にこだわってたりするの。

神崎桃子は前に結婚相談所で仕事をしていたことがあるのだけど、そこの女性会員の多くが自分のことを「若く見える」「同世代の女性より自分はマシ」と思っていたからね(笑)。
そして自分が「若く美しく見えるから」って、相手に条件を出す。

いくら美容にお金をつぎこんで自分を磨き上げたところで、結婚相談所に登録すれば結婚できるわけじゃない。
梱包がいくらキレイであろうと、買い手がなければ売れ残るだけ。

婚活市場において若く見えるからって、高く売れることはない(笑)

……ということで、今回は「見た目が若いことは女の武器になるのか」を男性側の意見を聞いて検証したが、次回は女たちの言い分についてもお話しよう。

男性からすると、アラフォーでキレイな女性は相当メンテナンスにお金がかかっているようにも見えてしまうだなんて……。

1 2

プロフィール

恋愛事情専門家神崎桃子

「恋が続かない」「出会いがあってもいい人止まり」「結婚に辿り着けない」「男に逃げられてしまう」「復縁したい」「絶賛不倫中」「婚外恋愛したい」「結婚生活がうまくいかない」など、恋愛初心者から上級者まであらゆるカテゴリの恋愛事情に精通するコラムニスト。
数々の大手ポータルサイトで連載コラムを寄稿、自ら経験して得た恋の教訓を各メディアから幅広い年代の読者に伝授している。男女の思考回路の違いや男心を分析した記事は定評があり男性読者も多い。著書には『なぜ女はこんなことで怒るのか?』『恋愛サファリパーク~必要なのは女子力よりサバイバル力!』などがある。
「男と女のこと・色恋沙汰ならなんでもお任せ!」神崎桃子オフィシャルサイト https://www.kanzakimomoko.com