コラム なぜ女たちは夫と離れて寝たいのか?妻が夫婦別寝室を希望する理由

恋愛事情専門家・恋愛コラムニスト神崎桃子の「男の言い分vs女の言い分」……。

結婚前ならば「大好きな彼と毎日一緒に寝たい!」なんて甘いこと言ってても、いざ結婚して生活するとまるでその逆。「夫とはもう別々に寝たい!」となったりする(笑)。

「なぜ妻は夫と離れて寝たいのか?」

今回のコラムでは、その理由について言及してみよう。

「夫とはもう別々に寝たい」理由その1.体感温度が違うから!!

・「夫はクーラー大好き人間。寝室もガンガンきかせてしまう。もちろん熱中症の心配もあるので利用するのはアリだけど、つけっぱなしはつらい。寝られないだけでなく、手足が冷えて喉が痛くなったり、身体もだるくなってしまう。それを訴えても夫は『毛布かければいいだろう』と、いつも私が我慢してる。私のことを考えてくれない夫に、もう愛はありません」(40代女性/事務職)

・「主人はとても暑がり、でも私は寒がりです。だからクーラーが苦手。適度に温度設定したり、扇風機を利用したりすればいいのに、断固としてクーラーで冷やさないとイヤみたいで譲らない。だから夏場はリモコン取り合い。こっちが上げるとあっちが下げ……と、そんなことを何度も繰り返してイヤになっちゃいます」(30代女性/インストラクター)

――男と女の体感温度の違いから「別々に寝たい」という女性は少なくない。

悩ましいのが近年の記録的な猛暑、しかも今年は“コロナのせいで在宅ワーク”なんてことから、夫が家に居て一日中クーラーつけっぱなしなんて家庭も多かったのでは?

クーラー好きな男性には会社のオフィスやビルのエアコンの低い温度に体が慣れきっていて、麻痺しているのかもしれないけど……。

しかし、クーラーでの冷えは女性にとっては大敵!!
自律神経に支障をきたし、体温調節機能がうまく働かなくなってしまうことで、生理不順や体調不良を引き起こすことも。

だからこそ冷房に頼り切らず、扇風機やサーキュレーターを利用して調節したいところ。

寒がりな女性に「もっと着込めばいいだろう」というなら、暑がりな男性も冷感パットや氷枕を併用するとかで譲歩してくれてもいいのにね。

女は毛布をかぶって寝るしかないのか?

「夫とはもう別々に寝たい」理由その2.イビキがうるさい!

・「夫のイビキが酷くてこっちはちっとも安眠できない。しかもそれを指摘すると『お前が神経質すぎるんだよ』『大袈裟な、そんな大きなイビキかくわけないじゃないか』『寝ないくらいで人は死なない』とか言って取り合わない。イビキを治してほしいから病院に行こうとお願いまでしてるのに」(30代女性/販売)

・「旦那は酒飲みなので余計にイビキがうるさい!しかも酒臭いし、トイレも近くて……。こっちがウトウトしてようやくと寝つきそうな時に起こされる……。子供が家を出たら、絶対に別々に寝ます!」(40代女性/団体職員)

――夫のイビキに悩む女性からしたら、イビキは立派なハラスメントともいえる。

イビキはかいてる本人に、その酷さはなかなかわからない。しかし、怪獣のようなイビキを聞かされる立場になってほしい。布団をかぶったり横向きになったり体制を変えたところで、寝られるってものでもない。

どのくらい時が過ぎたかようやく「ンゴーンゴー」がおさまり、そのタイミングでこっちはやっと寝られると思いきや、またはじまった!……なんてことを繰り返えされたりする。

しかもイビキは“肥満”や“飲酒”からきてることもあるから、年齢を重ねるとひどくなることも……。

女も結婚当初なら「仕方ない」「疲れてるのかな」と我慢できていた旦那のイビキも、年数を重ねるとともに耳障りとなり許せなくなるんじゃない?

いや、それどころか旦那のますます大きくなるイビキに殺意すら覚えるかも?

1 2