コラム 「旅先でのケンカあるある」男と女がケンカになるキッカケとは?

旅行でケンカのキッカケその3.「疲れてるから行きたくない」とかワガママでしょ

・「地元の美味しいものを食べようと一旦ホテルに荷物を置いて夕飯を食べにいこうとしたら、相手が『もう、疲れたから私はいかない』と……。『いや、一緒に行かなきゃ意味ないし……。行きたくないとかワガママじゃん」と揉めた。仕方なくコンビニで弁当を買ってきて部屋で食べたけど、せっかく海のそばまで行ったんだから新鮮な刺身とか魚が食べたかった」(30代男性/運送)

・「彼女とのお泊り旅行を楽しみにしてた俺……。しかし、『疲れてるから……』ってなに?旅行にきて一緒に寝るチャンスをなぜこっちは悶々としなきゃいけないのか。『あっちにもここにも行きたい』っていうから、頑張って彼女の願いを全部叶えたのに……泣きたいよ」(30代男性/保険)

――双方の旅行への思い入れが違うと揉める原因になるよね。

いろいろ回りたいから日中はめいっぱいアクティブでいたい一方で、彼は旅行といっても見て回るより“一緒に泊まること”が何よりメインとしている場合もあるしね(笑)。

加えて、旅行の気持ちの入れ方は食の価値観にも現れたりする。
普段は口にできない食材や土地の物をどうしても食べたい、ホテルじゃなく地元の店に行ってみたいなど……そういう食の楽しみに比重を掛けたい一方で、相手はそれに重きはおいてないっていう温度差。

食べ物ひとつとっても「ここまで来たのに」が加わると、ケンカの原因になる。

旅行ではなにかにつけて「したい派」と「それをしたくない派」で様々なことが不満に変わるんだよ。

しかも、疲れてくると余計に、ちょっとしたことでも怒りやすくケンカの火種となる!

スケジュールの詰め込みすぎはくれぐれもご用心。

そして旅行では慣れない土地を巡るのだから「疲れるのは当たり前」だし「疲れてるのはお互い様」ということはお忘れなく!!

……ということで、旅行においては自分の我を通すより、2人の時間を上手に楽しみたいもの。

旅行となると朝から晩までずっと一緒。しかも次の日も顔を突き合わせなくてはならないので、一度揉めるとそのあとも気まずい雰囲気のまま……なんてことにもなりかねない。

そうなるとせっかくの旅行はすべて台無し……。

旅の最中はどうか大人の対応で!

男性は思っているより純粋に「一緒にいたい」と思ってくれているのかも。

1 2

プロフィール

恋愛事情専門家神崎桃子

「恋が続かない」「出会いがあってもいい人止まり」「結婚に辿り着けない」「男に逃げられてしまう」「復縁したい」「絶賛不倫中」「婚外恋愛したい」「結婚生活がうまくいかない」など、恋愛初心者から上級者まであらゆるカテゴリの恋愛事情に精通するコラムニスト。
数々の大手ポータルサイトで連載コラムを寄稿、自ら経験して得た恋の教訓を各メディアから幅広い年代の読者に伝授している。男女の思考回路の違いや男心を分析した記事は定評があり男性読者も多い。著書には『なぜ女はこんなことで怒るのか?』『恋愛サファリパーク~必要なのは女子力よりサバイバル力!』などがある。
「男と女のこと・色恋沙汰ならなんでもお任せ!」神崎桃子オフィシャルサイト https://www.kanzakimomoko.com