コラム 男から「いい子だけど、付き合えない」と思われてしまう女性とは

恋愛事情専門家・恋愛コラムニスト神崎桃子の「男の言い分vs女の言い分」……。

女性が男性に向かって「あなたっていい人だよね」と言いながらも、彼氏として付き合うには至らない場合もある。
だが、逆に男性側からしたら「いい子なんだけど彼女にはならないんだよね」というケースもあるのよ。

前回のコラムでは「女からいい人止まりにされてしまう男の話」をしたが、今回は「いい人で終わってしまう女性」について言及する。

これまでの連載:https://suits-woman.jp/column/iibun/

「彼女がいい人止まりな理由」その1.なんでも正直に話しすぎるから

・「あけっぴろげでお喋りなタイプは彼女にはならないね。表裏がないからいい人なのはわかるんだけど。男は『この人、どういう人なんだろう?』『もっと知りたい』と追いかけさせてくれる女性が好きなんだよ。何度かデートを重ねて相手のことを探っていくのが楽しいのに、付き合う前に多くの情報はいらない(笑)」(40代男性/精密機器)

・「自分のことを正直になんでも話してくれる女性。早々に相手のことがわかっちゃうと、こっちは興味が失せちゃうんだよね。『ふ~ん。こういう女か、別にもう会わなくてもいいかな』ってそこで納得しちゃう感じ」(30代男性/IT関連)

――明るくて開放的な女性は、目の前に転がっている恋愛のチャンスを意外と逃していることも……。

だって「知りたい」「気になる」ってならないから。

男が興味をそそられるのは“丸見え”ではないのよ!

例えるならば男は女性の丸裸でなく、タオルで隠されている、下着を身に着けている……なんてほうが興奮するもの(笑)。

つまり女性は最初から「聞いて聞いて!」と男に自分の情報を垂れ流し過ぎないことが大事。

女性は男性より「自分のことをわかってもらいたい」「理解してほしい」という欲求がある。それが自分の気になる相手であればなおさら強く思うもの。

しかし付き合う前に知りすぎてしまうと、男は探求する必要がなくなってしまうのよ。

男と女の仲は心の中や物事を包み隠さず出せばいいってものでもない。

「彼女がいい人止まりな理由」その2.世話好きだから

・「会社の同僚の女性がなにかと俺の世話を焼いてくる。『コンビニや外食ばかりじゃ栄養偏るよ』とお弁当を作ってきてくれたり、『そこボタン取れてる!貸して』とかいって裁縫してくれたり、『昨日飲みすぎたんでしょ、コレ飲むと二日酔いに効くよ』とドリンクを差し出してきたり……。よく気がつくし、奥さんにするにはいいタイプなんだろうけど、俺は結婚よりも先に恋愛したいのよ。だからムリ」(30代男性/家電メーカー)

・「女友達がなにかと口を出してくる。『また寝不足?夜中までゲームなんて仕事に差し支えるじゃない』とか『たまには布団干さないとダメよ』とか『牛丼とかバーガーとかばかりじゃなく野菜もしっかり摂取しなきゃ』とか……。いろいろ心配してくれるのはありがたいし、いい子なのは十分わかってるんだけど、まるでオカンみたいな感じだから彼女とは恋愛関係にはならないんだよね(笑)」(40代男性/保険)

――世話好き女子や気が利く女性がついやってしまいガチなのが、男性の私生活に口を挟むこと。

衣食住などの生活に関することに首を突っ込まれると男はその相手を「女としてより母親」として捉えてしまうことにもなりかねない

“オカン女子”とのロマンスなんて男には想像つかないでしょう(笑)。

男性はそもそも結婚自体に重きをおいていないもの。
「結婚するのが目標」としている女性はいても、男性の場合は「結婚したい」というよりは好きな相手が現れてから結婚を意識したり結婚の覚悟を決めるからね。

なので“世話女房気取り”は 要注意!
それより先に「この人と付き合ったら楽しいだろうな」という恋愛のイメージを持たせないと。

「良妻アピール」はそのあとで!

1 2