コラム 付き合ってガッカリ!それは彼の長所じゃなく短所だった

恋愛事情専門家・恋愛コラムニスト神崎桃子の「男の言い分vs女の言い分」……。

付き合う前には「相手のココに惹かれた」「相手のこういうところが好き」と言えたとしても、付き合ってみるとその良いところが実は欠点だったと気づくことがある。

今回のコラムでは女性が「相手の男性の長所が短所に変わったこと」について言及する

これまでの連載:https://suits-woman.jp/column/iibun/

女がガッカリしたこと・その1~男らしいと思っていたら、ただの俺様だった

・「最近って『恋愛で傷つくのが怖い』『リスク回避したい』なんていう頼りない男って多いじゃないですか?だからリードしてくれる肉食系と付き合いたいと感じていたところ、友達の飲み会で知り合った男性がすごく積極的で……。『俺の彼女になってくれ』と言われ思わず『ハイ』と言ってました。でも、最初はいいと思っていたその男らしさは付き合い出したら鼻について……ただの強引な男でした」(40代女性/通販)

・「前の彼氏が優柔不断で頼りがいがない人で……。グイグイ引っ張っていってくれる彼に惹かれました。でも彼は俺様気質でした。自分が決めたり、自分が人に指示するのは大好きでも、人に意見されるとすぐ機嫌が悪くなる。いつも自分が優位に立っていないと嫌なんですよ。ジャイアン男子、疲れます」(30代女性/理容)

――女性に積極的でない男性が増えている昨今、一方で女性は恋愛は直球で来てほしいと望んでいたりする。

ときに女心は「決断力や自信を持っている男性」に価値を見出すことも……。

しかし最初は「リードしてくれる」という男らしさや、「彼は自分に自信を持っている」なんてことをリスペクトしたとしても次第にその長所は短所に変わる

俺様はプライドが高いから「自分直し」はしない。人の提案や意見など聞くわけがない。

結婚なんてしたらそれこそ「俺は忙しい」「俺のほうが稼いでるんだぞ」と言い訳して奥さんの不満には耳を貸さずに家事や育児から逃れようとする。

仕事やキャリアを大事にしたい女性は人の意見を受け入れてくれる穏やかな男性を見つけたほうがいい。

女がガッカリしたこと・その2~器の大きい男かと思ったらただの適当な男だった

・「男なら小さいことにこだわらず、ドーンと構えてくれる器の大きいタイプがいいと思って、今の彼と付き合いました。……が、付き合ったら彼はただの使えない人でした。例えば私が『週末のデート場所を決めよ』とか『雨だったらどうする?』とか聞いても『イチイチ細かいこと気にするなよ』とか『そんなのそのときに考えればいいじゃん!』っていう超テキトー人間!この先、彼の人生もそんなふうに適当なんでしょうね」(40代女性/イベント)

・「前の彼が『ホラ、ここがちゃんと閉まっていない』とか『トイレの電気を消してないぞ』とか、ちっちゃいことでうるさかったんです。で、おおらかな男性と付き合い出しました。でも、彼は私がすごく落ち込んでいるときでも『小さいことは気にするな』『悩んでも仕方ないだろ』と言ってくる。おおらかというより人の気持ちをまるで考えない無頓着な人だったんですね」(30代女性/公務員)

――器が大きい人だと思ったら「単なる考えなし」だったという残念な話。

多くの女は“男の器”はもちろん大きいほうが好ましいと思っているはず。

器が小さい人だと「細かいことを気にしすぎる」、「ちょっとしたことでイライラする」なんて事が起こりやすいからね。

しかし器が大きくとも全てに対して「別に気にしない」「どうでもいい」という寛容人間では困りもの。

場合によっては「やる時はやる」「決める時は決める」という行動力を持ちあわせていればいいけど、女性が助けてほしいときに何もしてくれないとなると話は別……。

男の器は配慮ありきのもの。いざという時、その人の立場に立って物事を考えられないと。

1 2