コラム 「男女の友情はあてにならない」と女が思う理由

恋愛事情専門家・恋愛コラムニスト神崎桃子の「男の言い分vs女の言い分」……。

「ナイナイナイ!だって彼とはタダの友達よ」
「男として見たことなんて一度もないし……」

なんて、女性が強い意思を持っていても、その友達関係が壊れないとは限らない。

今回は、女性が「男と女の友情は難しい」と思う理由について言及する。(前回の男性編はこちら

これまでの連載:https://suits-woman.jp/column/iibun/

「男女の友情はあてにならない・その1」~「男には下心あるから」

・「これまで何人かの男性に友達友達と言われてきましたが、結局したくなっちゃうんじゃないんですか?キスをされたり、押し倒されたり、危なかったことが過去に何度かありますもん」(30代女性/ショップ店員)

・「どうしたって2人きりになれば、友達関係は簡単に崩れる。こちらが友達として付き合ってるつもりでも男には下心があるから……。男性と友達関係を継続させるには2人きりにならないことが懸命ですね」(40代女性/貴金属)

――同じ会社の仲間やグループでの行動ならまだしも、2人で会うとなると男性の理性がきかなくなってしまうこともある。

いつもは女性として見ていなくとも集団から抜けたときは別……。
2人きりになれば視点が変わり、女性の足やバストやヒップラインなどに無意識に目が向いてしまい男としての本能が刺激されてしまう。

一旦、相手を女として認識しだしたら止めることはできないのが男の性。

「男と女の友情」というのは最初は成り立ったとしても男性側に友情を継続させることはなかなか難しい。

「彼なら大丈夫」「この人はそんなことしてこない」なんて信じているのは女性だけ……。男性のほうは「コイツは女なんだ」という部分を垣間見ている。

「男女の友情はあてにならない・その2」~「手をつないでくるから」

・「男友達とテーマパークにいったときのこと……相手が手を差し出してきたのでつないだ。まぁ、夢の国なのに離れて歩いてるほうがなんかおかしいかと思ったのもあったし、今日くらいはまぁいいかと……。でもその日の帰りにそれ以上を求められた。結局友達にはなれないんですよ。男と女は」(30代女性/インテリア)

・「飲んだ帰りに向こうが手をつないできた。怒って振りほどくのもなんか大人気ないし、『ま、友達なら手ぐらいいっか……』と、それが甘かった。別れ際、ほぼ強引にキスもされて……。イザとなると男性の力には抵抗できまんからね。それ以来会ってません。後日謝罪LINEがあり『俺どうかしてた、ごめん』と来ましたが、スルーしました」(40代女性/保険)

――男性の「手をつなぐ」という行為はその先を想像してしまうもの。

女性は案外手をつなぐことをそれほど深く捉えていないし、その先のことなど考えてない。

手つなぎや腕組なんて仲のいい友達なら女同士だってやることもあるし、相手のほうから手を取られたら社交辞令でつないであげてるなんてことだったりもする(笑)。

挨拶されたからしてやった……みたいな。
しかも、そのときの気分やシチュエーションから一時的に『手ぐらいいっか』となることもある。

お酒が入って気分もいいところで「どういうつもり?」「やめてくださいっ」なんて喚くのも大人気ないし、わざわざ振りほどくのも面倒、握られたからそのままにしてるだけ……。

そこが女の甘いところ。
男は手をつなぐことを嫌がらない、拒まない女性に対して 「コレはイケるんじゃないか……」という期待をしてしまうのだから。

1 2