コラム 「男女の友情はあてにならない」と女が思う理由

「男女の友情はあてにならない・その3」~「結局、告白されてしまう」

・「最初は向こうが『俺たち、友達だよな』と言ってくるので遊んでいても、最終的には告られてしまうので全くあてにならないと思います。本当に友達だと思っているのは女のほうだけ……。男性の本音というのは“女はタダの友達”というよりも自分のお気に入りなのかもしれません」(40代女性/福祉)

・「自分は『この人を好きになることはない』『恋人になることはこの先絶対にない!』と思っていても相手が恋愛対象にしてしまう感じです。前に『話がある』と男友達に呼び出されて『好きだ。もう友達ではいられない』と言われました。男性は最初からある程度好意のある女性を友達にしちゃってる気がする……」(30代女性/トリマー)

―― 女性のほうが「友達は友達」と割り切れてるんじゃない?

男性は“友達として連れて歩く女性”や“友達として遊べる女性”には自分の嗜好が左右される。
それは外見かもしれないし、または話す内容や口調、フィーリングが合う女性をどこかで選んでいるかもしれないね。

女性は「ただのいい人」や「好きになるほどではない異性」を友達にしているから、よほどのことがない限り何度も会っていても恋愛感情は湧いてこない。

男性はもともと「なしよりのあり」だったわけで、繰り返し会い続けていくうちに「ありよりのあり」に変わっていく(笑)。

最初は判断がつかなかっただけ。結論として「恋愛対象としてアリ」「女としてもアリ」となることがあるのだ。

……ということで、今回男と女の友情についてお話してきた。

女同士であればいくら親密になっても間違いなど起こらない。しかし男友達は親密度が増せばどうしても、一線を超える可能性は出てくるもの。

異性である以上、男と女の友情などアテにならない。

異性としてまったく意識していない!と本当に言えますか?

関連記事:
「この人とは恋愛できない」女が男を見るときに譲れない条件
「恋愛に必要なものが若い頃とは違う!」男を見る目はどう変わる?

1 2

プロフィール

恋愛事情専門家神崎桃子

「恋が続かない」「出会いがあってもいい人止まり」「結婚に辿り着けない」「男に逃げられてしまう」「復縁したい」「絶賛不倫中」「婚外恋愛したい」「結婚生活がうまくいかない」など、恋愛初心者から上級者まであらゆるカテゴリの恋愛事情に精通するコラムニスト。
数々の大手ポータルサイトで連載コラムを寄稿、自ら経験して得た恋の教訓を各メディアから幅広い年代の読者に伝授している。男女の思考回路の違いや男心を分析した記事は定評があり男性読者も多い。著書には『なぜ女はこんなことで怒るのか?』『恋愛サファリパーク~必要なのは女子力よりサバイバル力!』などがある。
「男と女のこと・色恋沙汰ならなんでもお任せ!」神崎桃子オフィシャルサイト https://www.kanzakimomoko.com