コラム ケンカのときの「女が許せない男の態度」とは?

恋愛事情専門家・恋愛コラムニスト神崎桃子の「男の言い分vs女の言い分」……。

男と女は付き合いが長くなればなるほど、意見の食い違いや、対立することもでてくるもの。

今回のコラムでは、男と女が「ケンカになるとついやってしまいがちなこと」について話そうと思う。
まずは男がケンカのときに女にとってしまう態度について言及。

これまでの連載:https://suits-woman.jp/column/iibun/

「ケンカのとき女が許せない男の態度・その1」~押し黙る

・「旦那とのケンカで何より許せないのが黙り込むこと。『黙ってないでなんとか言えば』『あなたはどうなの?』と聞いてもガンとして答えないから話し合いにもならない。余計険悪になってケンカが長引くだけだと思うんですけど……」(40代女性/飲食店)

・「なんで男の人って、自分の都合が悪くなるとダンマリになるんでしょうか?子供じみてる。ケンカの最中に黙られると本当に困る」(30代女性/育休)

――ケンカになると男性がやりがちなのが押し黙ること。
そこで女性は「私ひとりで怒っててバカみたいじゃない」とますますカッとしてしまい相手を責め立ててしまう。

「本当の気持ちを教えて」
「ちょっとなんとか言ってよ」
と催促しても相手は口を割らない。

だって、「あ~いえばこう言う」口喧嘩は男性には不利。そもそも負け戦なんかしたくない。

「黙ってないでなんか言えば?」……って
言い返せばそれが2倍3倍にもなって自分の身に降りかかるのはたまったものではない。

男はそんな“女の倍返し”を恐れて沈黙を守る(笑)。

「黙り込むなんて卑怯よ!」と、まくしたてられても貝のごとく口を閉ざす。そんな挑発に乗れば墓穴を掘ってしまう。

女の口撃からのダメージを最小限に抑えるためにもダンマリを決め込む。これぞ男の防衛策。

「ケンカのとき女が許せない男の態度・その2」~「もういいよ」と話を切り上げる

・「言い合いになると彼は『もういい』と言って投げやりになる。私が怒って『もういいって…それ何よ?おかしいじゃない?』と聞くと『うるさい!しつこい!!』と言うだけ。自分の本心を言わずに話を中途半端に終わらせても何の解決にもならないのに……」(40代女性/保険)

・「彼と口論になると『もういいよ、この話やめよう!』って言われるのがイヤです。『それって話し合いを拒否して投げてるだけ、無責任でしょ』ってなる。……面倒臭いからって諦めちゃうのは男性の悪い癖だと思います」(30代女性/アパレル)

――“トコトン話し合いたい女性”と“話を早く切り上げたい男性”……そう、男と女はケンカへのスタンスが違うのよ。

女性からしたら「『もういいよ』って何?」って話。二人の問題なのにちゃんと向き合おうとしない相手に「冗談じゃないわ」とますます怒りが増してしまう。

女にとって何より許せないのはケンカの原因や内容より彼のその態度(笑)。

早くこの面倒臭さから抜け出したいだけというのがもうバレバレ。
しかも問題を先送りしているだけで、ちゃんと仲直りにもなっていない。

ただ男がケンカを早く終わらせたくなってしまうのは、男性は口で自分の気持ちを言い表すことが苦手ということもある。
「どうせ言ってもわからないだろう」「話しても仕方ない」という諦め……。

ただ自分からケンカを降りてもまだアレコレ言われてはたまらない。そこで男は女を黙らせるために「もういいよ」を使ってしまう。

一方で「もういいよ」と口封じされる女性の不満は募るばかり。
女性にとって言葉を飲み込み我慢するのはストレスの元。
言いたいことを言えないうちに強制的に終了だなんて、女性にはたまらない仕打ちというわけ。

1 2