コラム 男と女のケンカ勃発「男が許せない女の態度」とは?

恋愛事情専門家・恋愛コラムニスト神崎桃子の「男の言い分vs女の言い分」……。

男と女が長く付き合えばケンカはついて回るもの。
付き合い出したときは、こんなふうにケンカをするなんて思ってもみなかったのは男も女も同じこと。

前回は「ケンカのときの女が許せない男の態度」についてお話したが、今回は「男が許せない女の態度」について言及する。

これまでの連載:https://suits-woman.jp/column/iibun/

「ケンカのとき男が許せない女の態度・その1」~昔のことを引っ張り出す

・「『あなた、あのときもこうだったじゃない!』と、過去のことを次から次へと出してくるから頭にくる。『その話はもうとっくに終わったことだろ』『今のこととは関係ないだろ?』と言っているのにやめようとしない」(40代男性/エンジニア)

・「口論になると必ず昔の話を引き合いに出す妻……。しかし女ってホント下らないことをイチイチイチイチ覚えているよね。もう前のことは謝ったし済んだことなんだから、勘弁してほしい」(40代男性/保険)

――女のケンカは芋づる式。
「あのとき○○だったじゃない」「前もそうだったよね」は女性の18番!

それがまたケンカがこじれる原因に……。
男が許せないのは、済んだことや一度謝ったことに対して女に掘り返されること。

「よくそんなことまで覚えているよな」と男には呆れる内容もあれど、それこそ女の特性ってもの。

女性は楽しいことも嬉しいことも、悲しいことも嫌なことも、感情を絡んだ過去のことを記憶に残すことが得意!
初めて結ばれたときのことも、プロポーズされたときのこともちゃんと覚えているのが女。
それに比べて男の方は、記念日も自分の言ったプロポーズの言葉さえも、覚えていなかったりする。

女のそんな記憶力の良さはケンカしたときにも発揮される。
別に思い出したくなくとも今回と同じような嫌な思いをした過去のケンカの記憶が瞬時に蘇ってしまうの(笑)。

しかし、昔の揉め事や事件は終息を迎えたはずだと思っている男からしたら、たまらないって話。

「ケンカのとき男が許せない女の態度・その2」~怒りを一気に爆発させる

・「女性にいきなり爆発されるとこっちがビックリしてしまう。気に食わないことや文句はその都度言ってほしい」(40代男性/金融)

・「一気にまくしたてられるとこっちもどうしいいのか対応できないんです。なだめ方も気に入らないと余計に怒られそうだし……。言いたいことは溜め込まずに気づいたときに言ってほしい。精神的にも悪いんで」(30代男性/運送)

――男性が困るのは突然怒りを爆発させること。

女性は案外相手に不満や言いたいことがあってもその場では飲み込んでしまうこともある。
「イチイチ煩わしいな」「面倒くさいな」と思われたくないからだ。

そしてその積もり積もった不満が蓄積されて一気に爆発!(笑)

男性からしたらそんなデカイ噴火が吹き上がるよりも、被害が最小限度に抑えられる小さな噴火がコマメにあるほうがまだマシだと思っている

つまり、嫌だなと思うことや、直して欲しいことなどは時間を空けずにその都度その都度言うようにするべきね。

「気にしないようにしよう」
「そんな大したことじゃないよね」
“許したフリ”をしたって結局その不満が溜まって大きな爆発につながるなら、早めにぶつけておいたほうがいい。

限界まで我慢する女性にも、爆発される男性にとっても精神的によろしくないんだから。

時間をおくとそのツケはあとに回ってくるの。

1 2