コラム 女がそれほど好きでもない男と結婚した理由

恋愛事情専門家・恋愛コラムニスト神崎桃子の「男の言い分vs女の言い分」……。

誰でも「好きな相手と結婚できたら……」とは望むもの。
しかし現実はそんなに甘くはない!

今回のコラムは「女性がそれほど好きじゃない相手と結婚する理由」について言及する。

これまでの連載:https://suits-woman.jp/column/iibun/

好きじゃない人と結婚した理由・その1~「年だったから」

・「私には数年付き合っている彼がいたんですが、結婚話はまったく出ず……。もういい年なのにこのまま待ってるのもシンドイと思い、好きな彼ではなく自分を受け入れてくれる相手と結婚しました。『妥協するなんてあり得ない!』と若いときは思っていましたが。そんなことはない。今、幸せなので!」(40代女性/インテリア)

・「結婚適齢期なんて周りが騒いでも自分が結婚したいタイミングで結婚すればいい思ってました。でも高齢出産のリスクを考えるとやはり……。自分のいい状態のときに妊娠して子育てしたかったので、好きだとか惚れたとかに関係なく結婚しちゃいました」(30代女性/子育て中)

――結婚するのは「好きだから」ではなく「自分が年だから」という話……。

結婚したいという気持ちが強ければ、女性はそれほど好きでもない相手とゴールインすることもある。

独り身であることに対しての社会の風潮は男性よりも女性のほうが風当たりは強い。周りからは「なんで結婚しないの?」と聞かれ、実家の親からは「誰かいい人いないの?」「早く孫の顔がみたい」など口酸っぱく言われたりもする。

やはり出産や子育てへの懸念があることで、女性は結婚を急かされる率は高くなる。

男性より女性のほうが結婚年齢は深刻……だからこそ妥協しての結婚はアリでしょう。

好きじゃない人と結婚した理由・その2~「恋してなくとも尊敬できたから」

・「自分が好きになった相手とはうまくいきませんでした。なので恋愛するのになんか疲れちゃって……。そんなときに現れたのが今の旦那。一緒にいてトキメキもドキドキも全くなかったけれど、人として尊敬できると思ったので結婚を決めました」(30代女性/運輸)

・「付き合う男はダメンズばっかり。私には男を見る目がないんだと悟り、恋愛結婚は諦めて婚活することに……。出会った相手は自分のタイプじゃないし最初は男を感じなかったんですけど、一緒にいるうちに最初は見えなかった相手の魅力が見えてきました。今思い返すとこれまで好きだった元カレ達には尊敬できるところなんてなかった(笑)。結婚して良かったと今は心から思えます」(40代女性/通信)

――結婚生活が続く秘訣はリスペクト。

たとえ激しく恋をしていなくとも「人としてどこかしら尊敬できる相手」なら結婚生活は成り立つもの。

相手に不足している部分があったとしても結婚生活では“すごく尊敬できるところ”があればチャラにできることは多い

これまで自分好みの相手とばかり付き合ってきて、ことごとく別れを繰り返してきた女性には“あえてタイプじゃない男性”と付き合ってみることをオススメする

人なんて付き合ってみないとわからないもの。
繰り返し会う中で相手の良いところを発見したり、尊敬できるところが見つかる……なんてこともある。

一緒にいるうちに気づくことだってあるんだよ。

1 2