コラム 男がそれほど好きでもない女と結婚した理由

恋愛事情専門家・恋愛コラムニスト神崎桃子の「男の言い分vs女の言い分」……。

男性が結婚を決めるときに
「彼女としか結婚は考えられない」
「好きだから結婚したい……」
となるとは限らない。

結婚は必ずしも“好きという感情に動かされてする”というわけでもないのだ。

今回のコラムでは「男性がそれほど好きでもない相手と結婚する理由」について言及する(前回の女性編はこちら)。

これまでの連載:https://suits-woman.jp/column/iibun/

男が好きでもない相手と結婚した理由・その1~「一緒にいてラクだったから」

・「これまで好きな女性とデートすると、嫌われたくないからと気を遣いすぎて疲労感しか残らなかった。仮に彼女でなくとも女性として意識している相手といると、良いところを見せようとしてついムリしちゃうんですよね。なので自分の好みよりも、一緒にいてラクな相手と結婚をしました」(40代男性/公務員)

・「恋愛感情なんて長くは続かないと思う。自分は女性と交際するとすぐに飽きちゃって……。だから恋愛よりも長く一緒にいられそうな女性と結婚しました。相手は大学時代からの女友達。ありのままの自分を受け入れてくれることのほうが大事」(40代男性/金融)

――結婚においては好きという感情よりも一緒にいてラクな相手かどうかという点を見ている男性は少なくない。

特に恋に熱しやすく冷めやすい男性にはそれがベストじゃない?

誰でも好きな相手にはカッコつけたり見栄を張ってしまうもの。
でも自分のいいところしか見せられないような相手とは所詮続かない。自分の欠点や短所を隠し通すことなどできないからね。

結婚するなら自然体でいられることが一番!!
気楽な相手とじゃないと暮らしてなどいけません。

男性だって若い頃ならいざ知らず、年齢を重ねれば恋愛においてムリも効かなくなるしね(笑)。
うんと好きな女性といるよりも“ありのままの自分でいられる女性”を選ぶのよ。

男が好きでもない相手と結婚した理由・その2~「たまたまそばに居たから」

・「一番好きな相手と別れてしまったからというのが本音です。そのあと付き合った女性と結婚しました。奥さんには口が裂けても言えませんが、タイミング的にそうなったという感じです。でもその好きだった相手と結婚しても振り回されてばかりでうまくいかなかったかもしれません。安心できる相手との結婚が一番ですね」(30代男性/スポーツインストラクター)

・「たまたま付き合っていた女性から結婚を迫られて……って感じです。押しかけ女房的な(笑)そこまで好きというわけでもなかったけど、逆に断る理由もなかった。それに相手に強く望まれたってことはずっと自分の味方でいてくれるという自信に繋がりましたしね。アレコレ世話を焼いてくれるし料理も上手いし、結婚して良かったと思いますよ」(40代男性/空調)

――結婚において何より大事なのはタイミングではないだろうか。
「たまたまそばにいてくれた相手と結婚」というのはむしろ自然な流れ
ともいえる。

自分に寄り添ってくれる相手がいるというのはなんとも心強いもの。

そう、男と女は色恋からはじまらなくとも、信頼からはじまることもある

結婚とはお互いが支え合って共同生活をするという一種の契約……。共に信頼できる相手でなければ成り立たない。

時として恋愛感情は安心感より不安感を生み出してしまうことがある。
好きなあまりに相手を疑ったり嫉妬したり束縛したり……ということも起こりやすい。

恋愛感情を抱かなくても“人間的に信頼できる相手”となら精神的に穏やかな結婚生活を送ることができる。

1 2