コラム 「結婚できる気がしない」女性が婚活をやめて結婚を諦める理由

恋愛事情専門家・恋愛コラムニスト神崎桃子の「男の言い分vs女の言い分」……。

「もう、結婚はしなくていいかな」
「婚活してるの時間の無駄かも」

と感じる女性は少なくない。

35歳から婚活を始め、約10年続けた都内在住の会社員K子さんもそんなひとり。

今回は“婚活をやめた女の言い分”に迫る。

これまでの連載:https://suits-woman.jp/column/iibun/

普通に結婚できると思っていたのに……

K子さん:「自分は当然結婚できると思ってました。30歳くらいまでは結構男性からチヤホヤされてましたから……。でもいつの間にか周りは既婚者ばかり。独身同士の飲み会も少なくなり後輩から誘われる合コンは保護者扱い。同僚の男性社員からは女としては見られなくなり、煙たがられる。代わりに取引先の課長や部長に誘われて飲みに行く回数が増えましたね。『このままじゃマズイ!本気で婚活しないと』ってなりました」

――年齢を重ねれば当然、独身男性との接点は少なくなり既婚者との接点のほうが多くなる。
35も過ぎれば「声かけてくるのはいつも既婚者ばかり」と嘆く女性は少なくない……。

キャリアを積んで責任のある仕事を任せられるようになれば、すでに社内恋愛は難しい。悲しいかな男性からは女性が仕事熱心ということで煙たがられることもある。
……かといって部下や年下の男性社員を食事になんて誘ったら「それってパワハラ?セクハラですか?」と言われてしまうかもしれない。

「結婚なんて普通にできる」と信じて疑わなかった女性も、同世代の男性の恋愛対象から外れだしたときに察知する。

自然な出会いや自分の人脈からの出会いはもうムリなんだと……。そして婚活市場に足を踏み入れるのだ。

出会っても相手を好きになれない、男としてみれない

K子さん:「最初は婚活パーティーやイベントに毎週参加してました。でも、こんなこと言ったら申し訳ないんですが、恋愛偏差値の低い方ばかりで。まともに話が出来ない方もいましたし……。もちろん男性からのアプローチやリードを求めてばかりではいけないとは思って接していましたが、女性に対しての振る舞い方や気遣いがなってない男性と会話してるとどうしたって疲れます。もちろん、そんな中からでも一番マトモそうな男性と連絡先を交換して食事に行ったり飲みに行ったりもしましたが、一度か二度会えばもう十分。『この人にまた会いたい』ってならないんですよね。服を選んでおしゃれして出かけるのも、ネイルや化粧するもの虚しくなりました。好きでもない相手と一緒にいるのって苦痛ですよね。人を好きになるのってこんなに難しいことだったのかと思い知らされました

――出会いがあっても好きになれないジレンマ。積極的に婚活に励み、数多くの男性と会っているにもかかわらずうまくいかない。

しかし婚活している男性たちは別に女性慣れしているわけではない。恋愛経験が少ない男性が出会いを求めて婚活サービスに登録するというのはいたって自然……。女性に困っていないなら婚活サービスには頼らない。

ただ女性からするとコミュニケーションが取りにくい男性とお付き合いするのはなかなか難しい。会話が弾まない、沈黙が多ければ、デートしていてもえらく時間が長く感じて『もう帰りたい』なんてことも……。

たとえ弁の立つタイプじゃなくとも、共感力がある男性なら女性も気持ちよく話せる。ただ、そんな聞き上手な男性にはなかなか巡り会えない……。仮にいたとしても婚活市場においてはすぐに売却されてしまうだろう。

いくら本気で婚活を始めたからといって“好きになれるような相手”にやすやすと出会えるわけではない。

そう、いくら「結婚することが目的」で婚活していても“ほんの少しの恋心”を抱きたいのが女心……
好きをすっとばして結婚する覚悟がなかなかできないからこそ、もがき苦しむことになる。

1 2