コラム 「面倒くさいのは女だけじゃない」女が感じる面倒くさい男とは?

恋愛事情専門家・恋愛コラムニスト神崎桃子の「男の言い分vs女の言い分」……。

「女ってホント面倒くせ~な」なんていうのは男の常套句。しかしこの世には面倒くさい男というのも存在する。

今回のコラムでは「うわっ、面倒くさいな~この人」と、女性が男性に感じる理由について言及する。

これまでの連載:https://suits-woman.jp/column/iibun/

「ナルシストなの?」自撮り写真が多い男

・「『俺。どう?』って感じのキメ顔で自撮り写真ばかり送ってくる人。自分をカッコいいと思ってるんでしょうね。面倒くさいんですが、女子会のネタにしてます(笑)」(30代女性/人材派遣)

・「以前、誘われてデートした男がやたらと髪をかきあげたり、エスカレーターの横にある鏡を常に覗き込んでいたりで驚きました。座る席とかもいかに自分がカッコよくみえる角度かを意識してたと思いますよ。あんなつまらないデートは初めて。あの男は私のことなんて見ていなかったと思います(笑)」(30代女性/経理)

・「鍛え上げた筋肉を見せたくてたまらないらしく、SNSで上半身裸の写真や胸板や上腕二頭筋の写真を出してる人。筋肉バカでしかないです。仕事関係の相手なので仕方なくフォローしてますが、いいねとか本当はしたくない~」(40代女性/営業事務)

――人間誰しも自己愛はあるもの……。
それでもナルシスト、自己愛が強すぎるレベルになると関わりたくないよね。
しかもそんなにたいしたことないのに自分をイケてると過大評価していたりする。「あの女は俺を見ている」「俺に気がある」と勘違いすること多し。

容姿だけでなく、自分の行動でも注目を集めたいタイプも同様。
仕事が忙しいアピールとかもそう。

「今日は○○件のクライアントを回る予定!」とか「今日のスケジュール、こんなに詰まってる」……なんて報告されても困る(笑)。

忙しいはずなのに、そんな投稿してる暇はあるのかって話。

ナルシストは人の注目を浴びることで優越感に浸りたいからね。

そういう相手を彼氏になんてしたら面倒くさいなんてもんじゃない。自分中心で世界が回っているわけだから、何かにつけて褒めてあげないと機嫌を損ねることに……

誘いやLINEがしつこい

・「マッチングアプリで知り合った男性なんですけどLINEの返信をしないとうるさい。既読しても送らなかったりすると電話してきて既読無視の理由を聞かれる。面倒くさい」(30代女性/ホテル)

・「立て続けにLINEを送ってくる男性って超面倒くさいです。最初こそ付き合ってあげましたが、何度も続くともうムリ。誘いを断っても『じゃ、この日は?』『なら、この日どう?』て何度も言ってくる。こんだけ断ってるんだからもう察してほしい」(30代女性/アパレル)

――「返信遅くない?」と言わんばかりの追撃LINEに辟易している女性は少なくない。

LINEがしつこい男性はリアルではもっとしつこいことになりかねない。

ただ女性も気をつけたいのが男性に「いい加減に察してよ」と思ってしまうこと。

「その日はちょっと用があって……」「今度、時間が合うときに……」なんて女性からしたら断ったつもりでいても、男性側は断られたと思っていないこともしばしば。

空気を読むのが得意ではない男性にとって女性の社交辞令は通用しなかったりする。

付き合いたくないのなら「好きな人がいる」とか「その気はありません」などとキッパリ断るべき。

自分にはそうしているつもりはなくとも、女性特有の遠回しな断り方では変に気を持たせてしまうこともなきもしもあらず……。

1 2