コラム 「別れた彼氏、どうしてるかな」女が元カレを思い出す瞬間

恋愛事情専門家・恋愛コラムニスト神崎桃子の「男の言い分vs女の言い分」。

キッパリ別れた相手であってもふと思い出してしまうことはある。
もう未練などないはずなのに、なにかの拍子で思い起こしてしまうなんてことも。

前回は「男が元カノを思い出してしまう瞬間」について話したが、今回は「女が元カレを思い出してしまう瞬間」について検証しよう。

これまでの連載:https://suits-woman.jp/column/iibun/

元カレをSNSで見てしまったとき

・「思い出したくないのに友達が元カレと繋がっていて、そのSNSの投稿を見てしまったとき。『え?なに楽しそうに笑ってんのよ。私のこと傷つけといて、もっと反省しなさいよ』ってちょっと腹立ちました」(30代女性/美容)

・「自分がまだ独り身だとつい暇を持て余して、元カレのSNSをチェックしてしまう。『いろんな女と遊んでいるのか』とか『今、彼女がいるか』とかとか気になっちゃって。出掛けた先の画像とかを確認して『あ、まだ彼女はできてないんだ』なんてホッとしたりして。別に未練ってわけじゃないんだけど、振られた側としては先に幸せになられたらムカつくというだけ(笑)」(40代女性/人材)

――女の腹の中には「自分より幸せになっていたら許せない」という思いが(笑)。

特に付き合っていたときにケンカばかりしていたとか、いい別れ方をしなかった相手だと「どうか幸せでいてください」なんて仏心は抱けない。

元カレの幸せを望むどころかどっちかというと「私を振ったことを後悔してほしい」「自分のしたことを懺悔しろ」なんて恨んでたりして。

それが発見したSNSの元カレはめちゃめちゃ楽しそう…なんてことなら相当腹立たしいことでしょう。

まして新しい彼女とのラブラブの写真投稿なんて載せてたら最悪。
「なに?このお店、私がずっと行きたいって言ってたレストランじゃない!私は連れてってくれなかったのになんで今カノと?」なんてことが明るみに出ちゃったら腸が煮えくり返るってもの(笑)。

コレって早く新しい恋を見つけるに限るね。
自分がまだひとりでいるからこそ、元カレの動向が気になってしまう。
別の相手が見つかれば元カレのことなんてどうでもよくなっちゃうんだから。

思い出の場所に行ったとき、元カレと同じ香水を嗅いだとき

・「初デートで行った場所とかクリスマスや誕生日などで行った場所を通ると胸がキュンとしますよね。あと押入れの奥にしまっておいたプレゼントや思い出の物が出てきたときとか、元カレとの当時のエピソードに思いを馳せてしまう」(40代女性/福祉)

・「人とすれ違ったときに元カレがつけてたのと同じ香水の匂いがしたとき。普段はまったく思い出さないのに鮮明に思い出しますね」(30代女性/商社)

――元カレと訪れた場所に足を踏み入れたときにはどうしたって思い出さずにはいられないもの。

「そういえば、あのときこうだったな~」とか、「ここで告白されたっけ」とか(笑)。
女って感情で物を記憶してるから、男性に言われた言葉やされた愛情表現など思い出して切なくなったりするのよね。

また目の届かないところにしまっておいた元カレからのプレゼントや写真なんかが出てきた瞬間、当時のことを思い出して熱いものがこみ上げてきたりして。

匂いもそれまで忘れていたものが一気に蘇る要因。

彼と同じ香水の匂いがした瞬間、
「あ、あの人、いま、どうしてるんだろう?」なんて思いを募らせてしまったり。

瑛人さんのヒット曲『香水』の歌詞どおり「その香水のせいでいろいろ思い出す」のよね。

もうとっくに終わった恋でも匂いは時を隔てて当時の記憶を蘇らせてしまうのよ。

1 2