コラム 「独身のときは分からなかった」女が結婚して学んだこと 

恋愛事情専門家・恋愛コラムニスト神崎桃子の「男の言い分vs女の言い分」。

結婚する前は、それなりの理想があったかもしれない。

しかし現実は期待通りにはいかないもの。
結婚生活はそんな甘いものというわけでもない。

前回は男性が結婚生活で学んだことについて話したが、今回は女性編。女性が結婚して学んだことについて言及する。

これまでの連載:https://suits-woman.jp/column/iibun/

男はなにも気づかないのだと悟った

・「部屋を片付けてとか、もう夕方だから洗濯物を取り込んでとか、日用品の買い物に付き合ってとか、毎回毎回言わなきゃいけないとは思いませんでした。でも言わないと私の負担が倍増するので、何度も同じ事を言ってます。やれやれです」(40代女性/出版)

・「結婚するまで彼はマメな人なのかと思っていましたが、男というのは結婚生活においては言わないとやらないんだと悟りました。私が家事をしていても知らん顔。テレビ見たりスマホいじったりしてますから。結婚当初はそれこそ、なんで気づかないのかとイライラしてましたが、今では『そこ片付けて』『電球変えて』『○○が壊れたから直しておいて』と口にして頼んでいます」(30代女性/販売)

――恋愛関係ならいざしらず、“男性には察するということがなかなかできない”ということを結婚生活では目の当たりにする。こっちが口にしないと動こうとしない。

「家事や育児で走り回っている私を見ていれば、わかるでしょ」となるのだが、男からしたら妻の忙しさなんて目に入らない。

「そんなの言われなきゃわかんないよ」「してほしいことがあれば言えばいい」というスタンス。

男が気づかない、先回りして動けないのは決して「愛がない」からではない。
それは彼が、夫だからなのである(笑)。

だから男が「何もしない」「動かない」ことに腹を立てるより、やってほしいことを言葉にして伝えてお役目を与えることが結婚生活ではイライラを減らす最適な方法!

夜の営みとかどうでもよくなる

・「結婚して子供が生まれて殆どしなくなりましたね。家って生活の場じゃないですか。もうそういうムードになんてなれない。かといって旦那のことはキライじゃないですよ。結婚生活は平和で楽しくやってます。夫婦の営みがなくとも特に不満はないです」(30代女性/飲食関係)

・「朝は早く起きて朝食やお弁当を作らなきゃならないし、子供に手がかかるのでもう完全にレス状態です。旦那も激務で疲れてるんでしょう。ベットに入ると3秒でいびきかいて寝ています(笑)。結婚の日常ってそんなものじゃないですか?もう、私達は男と女でなく子どものパパとママでしかない。いま求められてもなんか笑っちゃいそう」(40代/保険)

――結婚して共に生活をすると、夫婦の営みが極端に減るという夫婦は多いもの。

仕事や家事でエネルギーを使い果たし、身体はヘトヘト。子供がいれば土日もなにもあったものではない。

仮に義理でしても「明日朝、早いのに」「早く終わってほしい」なんて腹の中で思えば充実したスキンシップは望めなそう。

「そういうことはもう面倒くさい」「特にしたくないから問題ない」というレス状態はむしろ普通。「子供が欲しい」などの理由がないなら「別にしなくてもいい」なんてことになりガチ。

結婚して生活に追われると夜は一刻も早く寝たい。
夫婦生活より睡眠時間の確保が大事(笑)
性欲より睡眠欲。
結婚すると欲求というのは変わるのよ。

1 2