コラム 「やっぱり若い女性はいいな」男性が年下女性を好む理由

恋愛事情専門家・恋愛コラムニスト神崎桃子の「男の言い分vs女の言い分」。

「男性はなぜ若い子が好きなのか」「どうして若い女性を選びたがるのか」とタメ息を漏らす女性は少なくない。

もちろん、女性の年齢にこだわらない男性もいるが、若い女性に価値を抱く男性も存在するのは事実。

今回は「男性が若い女性を好む理由」について言及する。

これまでの連載:https://suits-woman.jp/column/iibun/

男性が若い女性を好む理由・その1~「元気がもらえるから」

・「クルクルと動く目、よく笑う口、ピチピチした肌、つややかな髪。生き生きしていて見ているだけで楽しくなる。若さのエネルギーがこっちにもチャージされて、自分も若返った気分になれるよね。型にはまらない自由な発想とか突拍子のない行動とかも魅力的。自分がもう保守的になっているからか、若さって本当に素晴らしいなと思える(笑)。若い女性との結婚、まだまだ諦めていませんよ」(40代男性/エンジニア)

・「若い子と話していると元気がもらえる(笑)。一緒にいると自然とニヤけてしまいますよね。こういったら女性の反感を買うかもしれないけど、やはり同世代の女性は肌も気持ちもくたびれている感が否めない。自分自身は老いに逆らってずっと若々しくいたいからこそ、積極的に年下女性と接点を持つようにしている」(40代男性/通信)

――若々しい気持ちは伝染する。一緒にいるだけで元気が出る、活力が湧く、自分も若返るならそれはそれで喜ばしいこと。

男性が女性の若さに重きを置くのは、自分の子孫を残したいという本能や自分が生涯現役でありたいため。

現に“婚活市場”においていうなら、男性は自分の年齢を棚に上げて「30歳を超えた女性は相手にしない」などという男性がいたりする。
60歳の男性でも40代女性と20代女性が目の前にいたら、20代の女性を選ぼうとする。

やはり結婚においては女性の若さは大きな武器。

「若い嫁をもらう」というのはある意味“男のロマン”なのね。

芸能関係でもそうだ。男性の年下女性との“年の差婚”がなにかと騒がれるのは、男性の羨望と「自分もまだ若い子を捕まえられるんじゃないか」という希望の光を感じるからなのかもしれない。

男性が若い女性を好む理由・その2~「初初しい、ひたむきだから」

・「自分が行きつけのコンビニに若い女性がバイトで入ってきて、その彼女のことが気になってます。彼女は仕事を覚えるのに必死なんだけど失敗も多い。常連の自分はだいたい店のことを把握してるので『あ、そこにあるよ』とフォローしたりしてます(笑)。彼女が商品棚を整理していて、陳列されてた物が一気に落ちてきたときに一緒に拾ってあげたことも…。『す、すいません』と顔を赤くしながら何度も繰り返し頭を下げる彼女。目が離せません」(30代男性/公務員)

・「近所のスーパーのレジ係の女性が初初しくていいんですよ。自分の妻にはもう図々しさしかないですからそういうのに飢えているのかも(笑)。スーパーで20代の女性のレジと50代の女性のレジなら男は20代のほうにいきますよね。『いつもありがとうございます』って天真爛漫な笑顔で対応してくれるとテンションが上がる。オジサン毎日通いたくなるよ」(50代男性/飲食店経営)

――年齢を重ねた女性がどんなに若作りしても、若い女性の初初しさにはかなわない。

それに、仕事面でもこなれ感やマンネリ化は立ち振舞にも表れてしまうしね。

何かに懸命に打ち込んでいる姿や全力で頑張る姿は人の心にも響くもの。
ひたむきな女性を見ると男性は「ほっとけない」って感じになるのよね。

仮に、下心があるとか、恋愛関係になりたいとか、そういう気持ちがなかったとしても、健気な女性には男性の庇護欲が芽生えてしまう

「応援してあげたい」「守ってあげたい」「力になりたい」という気持ちから恋心に発展することも無きにしもあらず。

1 2