コラム 「結婚したい!一生独身はやっぱりイヤ」と女性が思うとき

恋愛事情専門家・恋愛コラムニスト神崎桃子の「男の言い分vs女の言い分」。

独身でいることに不自由しないこの時代。
「今、仕事が面白くって男とか結婚とか、それどころじゃないのよね」なんて思ってたとしても、ふとした瞬間に「やっぱり結婚したほうがいいのかな」と考え直す女性も存在する。

今回は「女性が結婚したくなる瞬間」について言及したいと思う。

これまでの連載:https://suits-woman.jp/column/iibun/

旦那の愚痴を聞かされるとき

・「既婚者の女友達にはつい『私は仕事が好きだし、別に無理して結婚しなくてもいいと思うの』とアピールしてるんだけど、ホントは友達が旦那のことを愚痴っていると、そんなに話題にしたいんだと思っちゃう。久しぶりにご飯とか食べに行っても話す内容は旦那と子供のことばっか。『心配でしょ。早く帰ってあげたら?』というと『え?そう?じゃお先に』と帰られるとなんか虚しい」(40代女性/装飾)

・「『結婚だけが女の幸せじゃないわ』と強がってはいても、職場の女性は既婚者ばかり。ランチのときも、仕事の合間も話すことはお子さんやご主人のこと。自分のことしか話すネタがないって寂しい~~~」(30代女性/人材)

――既婚女性が「旦那なんて大きい子供と一緒よ」「うちの旦那ったらホント気が利かなくて」など不満を並べてもそれは惚気みたいなもの

旦那のことで本当に悩んでたら職場でなんて話さない。

自分の夫のダメンズっぷりを披露するのは、周囲の笑いをとるためやコミュニケーションだったりもする。

結婚している人間がいくら妻や母として置かれた状況や環境、夫への愚痴をぶちまけてきたとしても「じゃ、なんで結婚したのよ」とか「そんなにイヤならとっとと別れたらいいのに……」と言うのはヤボ。

身内を悪くいうのは一種の愛情表現。

愚痴るのは結婚生活を終わらせたいのではなくただの世間話。

本当に離婚したかったら、グダグダ周りに愚痴を言うより先に行動してますから。

仲良しの友達に子供ができたとき

・「出産した友達のお祝いに行くとなんというか、女性として遅れをとってしまったと感じてしまいます。友達に『抱っこしてよ』と言われると嬉しいのにブルーというジレンマ(涙)。友達が立派な母親になったというのに、自分はなにも変わっていないダメな人間じゃないかって落ち込んじゃったりするんですよね」(40代女性/総務)

・「仲の良い友達が結婚するともちろん胸がざわつくんだけど『子供ができた』とかはハンパない。『おめでとう!』といいながらも胸を締め付けられる思いが。高齢出産への心配もあるけど、友達が赤ちゃんにオッパイとかあげてるの見ると、女性として差をつけられている感がします」(30代女性/医療)

……仲の良い女友達の結婚披露宴に招かれ、まばゆい純白のウエディングドレスでバージンロードを歩く姿見せつけられたら、心中穏やかではいられないのが女心。

しかし、それ以上に複雑な気持ちになるのは女友達の出産報告を受けたり、赤ちゃんを見せられたとき。「私はこのままでいいのか」と、独り身であることの疑問を感じてしまう。

それは自分の年齢や出産のタイムリミットへの懸念だけじゃない。

天使のような赤ちゃんを愛しそうに眺めながら授乳させる友達を見たら「彼女は私にはできない大仕事をやってのけたのね」と衝撃を受ける

学生時代に一緒にバカなことを言い合っていたはずのあの友達が、しっかり「母親」としてやっていることに動揺してしまうの。

1 2