【ホンキの彼活日記】慰謝料とかじゃなく、婚活女子が心得ておきたい不倫のリスクとは?ギリギリで踏みとどまった不倫デートから学んだこと〜その1〜

【ホンキの彼活日記】慰謝料とかじゃなく、婚活女子が心得ておきたい不倫のリスクとは?ギリギリで踏みとどまった不倫デートから学んだこと〜その1〜

こんにちは。フリーエディター&ライターのフルタアミ、33歳です。

「学歴も年収も肩書きも、何もかも満足できなかった……」。年下のホタテくんと別れ、結婚を視野に入れた“本気の彼活”中!これまでのお話はコチラ

既婚者に口説かれつつも、ギリギリで踏みとどまる

3軒目のお店から帰るときのエレベーターの中で、「オレのこと、好きになってよ」と、おもむろに顔を近づけられて、ん? これはキスをされそうな流れ……という展開に。仕事もプライベートも大きなストレスを抱えていた私はその日、飲み過ぎてベロベロ。足元がフラつくほどに酔っていました。そして相手の男性はというと、私よりも10歳年上で包容力もバツグン。某大手広告代理店に勤めながら自分で投資などもやっていて、リッチなだけでなく、会話も知的で面白く、おまけに見た目もタイプでした。

ただし、この目の前の男性は紛れもない既婚者……。もうすぐ小学校に上がる子どももいます。だから絶対に足を踏み入れてはいけない人だったわけですが、今思うとよくもあんなに悪条件が揃っている中で、踏みとどまれたなぁとも思うのですが、彼とキスをすることはもちろんなく、本当にギリギリで不倫への道を断つことができました。

そして罪を犯すことなく幕を閉じたから言えることですが、正直に告白すると、その既婚者の彼のことが気になっていたという本音も。普通に考えたら、え? 結婚したいと思っている30半ばの女性がなぜそんなバカなことに?というところ。でも今思うと結婚したいと思っている30半ばの女性だからこその落とし穴が、そこにあったような気がします。

単純に彼の好意に甘えたくなったのがきっかけで……

そもそもの出会いは一年前くらい。同じプロジェクトの仕事を一度一緒にしたのがきっかけで、そこから何回か複数人で飲んだりするような仲でした。最初は仕事上の付き合いの人という位置付け。まさかこんな恋愛方面に発展することなんてないと思っていたのですが、数か月前たまたま別件の仕事で顔を合わせる機会があり、そこから今度ランチでもーーとなり、そこから今度飲みにでもーーとなり、気づけば彼から頻繁にLINEが来るようになり、自然に距離が縮まっていったのでした。

ちなみに優しい顔立ちで、お兄さん系の甘い感じの雰囲気が漂っている彼は、金銭的にも気持ち的にも余裕があり(既婚者だから当たり前なのですが)女性の扱いに慣れていることは手にとるようにわかります。そういう男性は得てして魅力的ではあるのですが、とはいっても出会ったときから人のモノ。最初は恋愛対象として見ることはありませんでした。でも、それが覆ってしまったのは単純に彼が私に興味を持っていて、私がそれに甘えたくなったからです。

彼の興味はどんどん大きくなり、好意に変わり、そこからどんどんプライベートに踏み込んでくるようになったのが1か月前くらいのこと。ちょっとくらい興味を持たれても、「いやいや、ないでしょう」というのが、途中から「あれ? なんかおかしなことになってる?」とソワソワし始めて、気がつけば「ヤバイ、好きかも」という状況になっていました。

1 2
結婚 浮気事件簿 美人探偵 貧困女子 アラサー 派遣 時短 アプリ セカンド 不倫 金運 恋愛運 占い 恋愛講座 浮気 恋愛 アラフォー iPhone 婚活 運勢
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。