【ホンキの彼活日記】慰謝料とかじゃなく、婚活女子が心得ておきたい不倫のリスクとは?ギリギリで踏みとどまった不倫デートから学んだこと〜その1〜

【ホンキの彼活日記】慰謝料とかじゃなく、婚活女子が心得ておきたい不倫のリスクとは?ギリギリで踏みとどまった不倫デートから学んだこと〜その1〜

婚活中だからこそ、不倫に手を染めやすい?

「婚活してるのに不倫している子、私の周りにもいたかも。だいたいイタイ目にあって卒業していくけどねぇ」と話すのは友達のK子。自分に自信がなくなっているときほど人は不倫の罠に陥りやすいという話を聞いたことがありますが、確かにそういうときは、人の好意にモロい。自信喪失気味の婚活女子の場合、特にそんな危険性をはらんでいるのではないかと思いました。

確かに婚活がうまくいかずに悶々としている私に、今回の不倫さんのストレートさがかなり刺さっていたのは明白。「好き」とダイレクトに言われたわけじゃないですが、連絡の頻度やその発言の数々、彼の好意は本当にわかりやすいものでした。

「君のことは理解してあげられそうな気がする。だから困ったことがあったらなんでも素直に話してくれたらいいよ」

という彼。その落とし穴は、“良き理解者”から攻め込んで、じゅうぶんに私を理解した上で「君は魅力的だ」と言い、そして味方の顔をしながら誘惑するという方式でした。彼がやり手だったことには間違いないのですし、すべては下心からきているもの。それをわかっていたものの、嬉しいものは嬉しかったし、婚活をするなかで、もやっと感じていたいろんな苦しみから解放されたような気持ちになっていったのです。

仕事のトラブルでヤケ酒……弱みに付け込まれてもいいと思い彼に会う

そして、仕事でとんでもないトラブルに見舞われていたその日。誰かに話を聞いてもらいたくて「会えないですか?」と、不倫さんに連絡したのは私の方でした。話すだけ話して、酔っ払うだけ酔っ払って、弱みにきっと付け込まれるんだろうなぁというのはわかっていました。どちらかというと、私にとっては不利なことだらけ。でも直前で踏みとどまれたのはなぜか!? またそんな経験から考えた婚活女子が心得ておきたい不倫のリスクについては、〜その2〜で紹介します。

不倫さん、決して悪い人ではないんですけど、最終的には女性を不幸にするタイプ!?

1 2

プロフィール

フルタアミ

1985年生まれ。フリーランスの編集・ライター。ジャンルはファッションや美容系など。高校生の頃は渋谷で毎日たむろするようなギャル。大学に入ってから社会人5年目ぐらいまでは、今でいう港区女子的な感じでいわゆる“金持ち”と合コンを繰り返す。散々遊んだあとの30代は恋愛よりも仕事、仕事の毎日に。「私、仕事が充実しているの!」のキラキラアピールを隠れ蓑に「結婚はまだいいかな」と余裕ぶっていたところ、最近になって“30代ホンキの寂しさ”実感するように。仕事を頑張る今の自分は嫌いじゃない。だけど恋愛も本気で頑張らないと!と、幸せに向かって目下奮闘中! ちなみに見た目は「気が強そう、キツそう」と言われますが、中身はかなりおっとり系です。

アプリ 結婚 占い 恋愛 時短 不倫 アラフォー 運勢 浮気事件簿 貧困女子 アラサー 恋愛講座 婚活 恋愛運 キャリア その1 金運 浮気 セカンド 美人探偵
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。