コラム 【ホンキの彼活日記】人生初の婚活パーティーへ!そこで一番モテていた女性とは?また、自分には合わないと思った理由〜その1〜

出会いに集中する1時間半! 男性はどんな雰囲気?

ちなみに、この会は19時からスタートして終わったのが20時半くらい。食べ物や飲み物などは用意されておらず、ひたすら男女の出会いという場に集中する感じの1時間半でした。気になるのはどんな男性が来ていたのか?ということですが、まず「ヤバイ男性はひとりもいなかった」。私の場合、人生初の婚活パーティーだったこともあり、そもそも「変な人もいそう……」と偏見を持っていたのです。

でも、来ている男性は真面目そうな人ばかり。女性に全然モテないから婚活パーティーで出会いを探しているというよりは、真剣に出会いを求めてここにたどり着いた感じが。年収600万以上というバーが設定されている会でしたが、不動産業、商社、大手メーカー、医療関係と職業はさまざま。年齢は一番若い人で29歳、多かったのは30代後半、一番上で43歳、33歳の私たちからするとやや年上の人たちが多く、年齢的にはちょうど良かったのかなぁと思います。とはいえ、その場にいる全員と話さないといけないわけです。ひとりくらい「げっ……」って思う人がいそうなものですが、そういう人はゼロ。平日だったのでスーツ姿の人が多かったのですが、清潔感はあるし、会話が全く成り立たないような人もいません。友達がとりあえずという感じで年収600万以上の男性限定の会を選んだのですが、それなりの年収があるというところや、銀座という街で開催されるというところで、ある程度は担保されるのだと思いました。

逆に女性はというと、落ち着いた雰囲気の私たちと同年代くらいの人が多い印象。銀座に似合うザ・OLスタイルの人が多く、派手な人はもちろんいません。女性側とは話すことができないので、どんな人がいたのか?まではわからないですが、いわゆるサクラ的な人もいなかった模様。一応、男性側にもサクラがいるのか疑ってみたのですが、よくも悪くも疑わしい人は見当たりませんでした。

この会の会費は女性で1500円とかなり低価格。それを考えると女性からしたら気軽に参加できるわけですし、積極的に利用するのは効率的だと思いました。お酒なども入らず1時間半できちっと終わるわけですから、忙しい人でも仕事の合間にささっと行くことだって可能。この短時間でたくさんの男性と一気に会えるのは結構なメリットです。ただし私の超個人的な感想としてはちょっと苦手かも……というのが正直なところ。出会いの場を求めるにあたり、選択肢のひとつとしてはアリだと思いますが、もうしばらくはいいかなぁと思ってます(笑)。

ちなみに男性はほとんどひとりで参加。女性は私たちを入れて3グループくらいは友達と参加していましたが、それ以外はひとり参加。みなさん、ひとりで来るもんなんですね。

私が苦手だと思った理由は……!?~その2~に続きます。

1 2

プロフィール

フルタアミ

1985年生まれ。フリーランスの編集・ライター。ジャンルはファッションや美容系など。高校生の頃は渋谷で毎日たむろするようなギャル。大学に入ってから社会人5年目ぐらいまでは、今でいう港区女子的な感じでいわゆる“金持ち”と合コンを繰り返す。散々遊んだあとの30代は恋愛よりも仕事、仕事の毎日に。「私、仕事が充実しているの!」のキラキラアピールを隠れ蓑に「結婚はまだいいかな」と余裕ぶっていたところ、最近になって“30代ホンキの寂しさ”実感するように。仕事を頑張る今の自分は嫌いじゃない。だけど恋愛も本気で頑張らないと!と、幸せに向かって目下奮闘中! ちなみに見た目は「気が強そう、キツそう」と言われますが、中身はかなりおっとり系です。