【ホンキの彼活日記】デキる男子が結婚相手に求める合理的な理想と、バリキャリ女子の効率的な婚活スタイル〜その2〜

【ホンキの彼活日記】デキる男子が結婚相手に求める合理的な理想と、バリキャリ女子の効率的な婚活スタイル〜その2〜

こんにちは。フリーエディター&ライターのフルタアミ、33歳です。

「学歴も年収も肩書きも、何もかも満足できなかった……」。歳下のホタテくんと別れ、結婚を視野に入れた“本気の彼活”中!これまでのお話はコチラ

外資系コンサル男子にハイスペックな女子を紹介して欲しいと頼まれて、ハイスペックな外資系金融女子Y美ちゃんを紹介する会を開いたのが先週のこと。彼が高収入でバリバリ働く女子と結婚したいのは、(意外と!?)ちゃんとした理由がありましたというのが〜その1〜での話。(~その1~はコチラ

 

でも肝心のY美ちゃんは全くテンションが上がっていない……。〜その2〜ではその理由について紹介します。

バリキャリ女子の婚活スタイルは2つの軸がある

「わたし。年齢も年齢だからさぁ、本当に今日とかありがたいって思ってるの。でもね……」と言ってしゃべり始めるY美ちゃんは、もうこのバーにきてから4杯目。かなり酔っていました。

「わたし、今婚活するあたって軸が2つあって。1つめが、スペックとかは無視で自分とはできるだけ違う世界にいる面白い男の子。若い子とか。で、2つめは自分と近いビジネスマンなら自分を超えてる人。年収とか、役職とかさ。今日の男の子たち、どっちにも触れてないっていうか」

そういえばY美ちゃんは昔、モデルの若くてアイドルみたいな顔をしている男の子と付き合っていたことを思い出しました。そういう人は1つめに分類され、自分とまぁまぁ近いビジネスマンなら年収が超えてるとか、役職が自分より上とか、そういう人が対象になってくるよう。紹介した彼も高収入ですが、年齢や役職などを考えると、おそらくY美ちゃんからしたら下。どっちの軸にも引っかかることもなく、ナシって判断をしたようでした。

じゃあ、なんでそもそも来たんだ!って話にもなりますが、それはきっと“もしかしたら……”の可能性を潰したくなかったんだと思います。それくらい、出会いって貴重になってくるもの。そこは言及するのをやめました。

「いや、もちろん。自分の立場もわかってるし、だから結婚できないんだーってことはもう散々言われてきたんだけどさぁ……」の後に続く彼女の話は結構リアルでした。

1 2
キャリア 占い セカンド その1 浮気事件簿 浮気 恋愛講座 婚活 不倫 アラサー 恋愛 恋愛運 貧困女子 アラフォー 時短 アプリ 美人探偵 運勢 結婚 金運
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。