【ホンキの彼活日記】34歳、みんなはどんな婚活しているの? 派手な交友関係にルックスも抜群!昔からモテモテだったSちゃんの場合〜その2〜

【ホンキの彼活日記】34歳、みんなはどんな婚活しているの? 派手な交友関係にルックスも抜群!昔からモテモテだったSちゃんの場合〜その2〜

こんにちは。フリーエディター&ライターのフルタアミ、33歳です。

「学歴も年収も肩書きも、何もかも満足できなかった……」。歳下のホタテくんと別れ、結婚を視野に入れた“本気の彼活”中!これまでのお話はコチラ

みんなどんなふうに婚活しているのだろう?と考えていたところに、たまたまランチをしたのが昔の合コン友達のSちゃん。昔から派手な交友関係とともに男性からもモテモテだったSちゃんが、今年中に結婚をすると固い決心をしていた!というのが今回の話。聞くと、最近までとある有名社長と不倫をしていたそう。(〜その1〜はこちら

〜その2〜では、不倫を終わりにした理由や、そんなSちゃんの婚活方法についてお届けします。

愛人扱いされたことが、Sちゃんにとっては最終的な起爆剤に

「私の友達がね、私のことをふざけて“愛人やってる”って言ったの」

どうやら、Sちゃんが不倫に終止符を打つにあたり、最終的な起爆剤となったのは、「愛人扱いされた」ということにあったよう。え、そこ?と拍子抜けしてしまうようにも思えたのですが、彼女にとっては重要だったようです。

「愛人」の正確な定義はひとまずおいておいて、Sちゃんが考える「愛人」のイメージ、そしてSちゃんの友達が使った「愛人」のイメージは、おそらく「お金がありきで成り立ついかがわしい関係」。

家賃を払ってもらっていたり、高価なプレゼントをもらったり、その要素があったことは間違いありません。でも彼女から言わせると「向こうが私への愛情からしてくれたこと」という認識。「お金で囲われた」という見られた方をされたことが、彼女の怒りに触れたようでした。

「愛人っていうお金で飼いならされているような言い方を冗談でもされたことが、プライド的に許せなくて。でも事実だけひろって、周りから見るとそういう見られ方されても仕方ないとも同時に思ったんだけどね……」

さらにSちゃんの話は続きます。

34歳、いろんなことが徐々に笑えなくなってきた

「昔だったら、こういうことも、もう少し手軽に考えられたし、そんなのも楽しんじゃうくらいの余裕があったかもって思うの。20代の頃なんて、もうなんでも楽しめたじゃない?でもやっぱり34歳を迎えて、だんだん、いろんなことが笑えなくなってきて(笑)。その笑えなくなっている部分ってさ、真剣に向き合うべきところだよねって。

たとえばさ、20代前半でオバサンと冗談で言われても、“なによ、も〜(笑)”って、返せてたけど、今それやられたら本気でイヤじゃん(笑)? それってもう自分の年齢と向き合わなきゃいけない合図というか。これまで、楽しくちゃらっとやってきたけど、もういいかげんにしないとなって。今、本気で向き合わないと“素敵な奥さん”っていう人生はない気がしたの」

Sちゃんは、そんな考えから手軽な楽しさに甘んじるのはやめて、真面目に結婚を考えようと決心して、その不倫していた経営者とはきっぱり別れたとのことでした。

1 2
金運 恋愛運 アラサー その1 浮気 美人探偵 運勢 セカンド アラフォー 婚活 占い 恋愛 恋愛講座 キャリア 結婚 アプリ 時短 貧困女子 浮気事件簿 不倫
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。