【ホンキの彼活日記】別れをどうやって決意したか?某大手広告代理店勤めの不倫さんに終止符を〜その2〜

【ホンキの彼活日記】別れをどうやって決意したか?某大手広告代理店勤めの不倫さんに終止符を〜その2〜

こんにちは。フリーエディター&ライターのフルタアミ、34歳です。

「学歴も年収も肩書きも、何もかも満足できなかった……」。歳下のホタテくんと別れ、結婚を視野に入れた“本気の彼活”中!これまでのお話はコチラ

気づけば、不倫さんをデトックスするために行った博多旅行もその効果は一切なし。それどころか、連絡の頻度も密度も高くなり、どんどん自分の中での「彼氏扱い」があらわになる結果に。もう今はラブラブ絶頂期だから飽きるまで待てば?と言う友だちのアドバイスもあったものの、なんとか自分で終止符を打つ結果に。~その1~はコチラ

どうやってそこに至ったのか?をお伝えしたいと思います。

昔から自分をよく知る友人たちに会って気づく

結果的に、これがいちばん良かったのかなぁと思ったのですが、それは昔から自分をよく知る友だちに久しぶりに会ったこと。

そこで不倫さんについて何かを言われたり、諭されたりしたわけではないのですが、学生時代から自分をよく知る友達に久しぶりに会ったからこそ「自分の状態」が「限りなく悪い」ということを確認することに。利害関係がなく心を許している友だちに会うことで、「あ、そうそう、私ってこんな感じだったよね」と思い出す感覚が。それが普段の自分とあまりにもギャップがあり、「あぁ、私、今かなりイケテナイ時期だ」と自覚したわけです。

ここからがかなり早かったのですが、少し前に占い師さんに「今、あんまりよくない時期だから不倫さんと縁ができてしまった」と言われた(そのときの話はコチラ)こともあり、不倫さんとの過去をきっちり振り返りながら、その事象を整理したんです。こんなことやりたくなかったのですが、LINEとかスケジュール帳を振り返って、いつ会ってそのとき何を話したか?そのあとLINEでは何を話しているか?などです。

すると、あることに気づいたんです。

いろんなものを失くし、穴だらけの状態だった

そもそも仕事関係で出会っているし、妻帯者……いったいどこで歯車がおかしくなっていったのか。それはそれなりに長くやっていた大きめの仕事がひとつなくなることが決定したあたりから、ダダ崩れかのように関係がおかしくなっていました(笑)。

もちろん、愛を持っていた仕事がなくなったのはショックだったのですが、それまでの殺人的な忙しさに悩んでいたこともあり、あまり自分の中では大事にしていなかったのです。でも、とはいえフリーランスにとって収入源が減るという打撃は大きい。でも、それまで忙しすぎたことで、燃え尽き症候群っぽい感じになっていて次の仕事への意欲もわかない……。少し休みたいという気持ちがありながらも、仕事への焦りも感じていて、かなり複雑な心境……。仕事喪失、意欲喪失、自信喪失……いろんなものを一気に落っことしてしまって、穴だらけの状態でした。

婚活がうまくいかない!というもどかしさで好意に甘えたフリをしていましたが、それ以上の原因はここにあったようです。

もし思いもがけず仕事で超ビッグチャンスが降りてくる……それは金額が高い仕事かもしれないし、自分が心からやってみたい!と思えるような楽しい仕事かもしれない。彼と終わりにするなら、この仕事をプレゼントしましょうと言われたらどうするか? 

きっと彼とは迷うことなくサヨナラすると思ったのですが、こんな自問自答をすることによって、いろんな穴を塞ごうしていたことが見える化され、私の決意が固まったわけです。

1 2
アプリ 時短 占い 浮気事件簿 運勢 不倫 婚活 アラサー キャリア 結婚 恋愛 金運 恋愛運 浮気 セカンド 美人探偵 貧困女子 恋愛講座 その1 アラフォー
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。