コラム 【ホンキの彼活日記】まさかの交際ゼロ日婚?と思いきや、ある価値観の違いで一気に立ち消えに…37歳商社マンとのデート〜その1〜

こんにちは。フリーエディター&ライターのフルタアミ、34歳です。

「学歴も年収も肩書きも、何もかも満足できなかった……」。年下のホタテくんと別れ、結婚を視野に入れた“本気の彼活”中!これまでのお話はコチラ

失恋からの無気力状態から立ち直り(完全復活までの3ステップについてはコチラ )ゴールデンウィーク中にマッチングアプリで出会いを探して、新規5人とデートを立てると目標を設定し、実行中のGW集中婚活。(どのアプリで出会いを探したか?おすすめアプリについてはコチラ

GW集中婚活!ひとり目からディープな展開に

実は早くもひとり目に会った男性から、かなりディープなことになっていました。会ってその日に、意気投合して交際ゼロ日婚的な展開で盛り上がるのですが、翌日にはその話は一瞬にして、立ち消えに。どう考えても、付き合っていくのは無理だろうと思い、私から断りを入れるという悲しい結末を迎えます……。

条件も見た目も良く、それに一緒にいても違和感なく楽しい感じ。でも最終的にお互いが大事にしていることが大きく違うから合わないと思う、とLINEで伝えました。

それが一体何だったのか?については、おいおい説明していくとして、もはや「条件も良かったのにもったいない……」なんて、気持ちをみじんも感じなくなりました。大人になるにつれ、恋愛のマッチングは難しくなると思いますが、大人になったからこそ、先の未来も想像しやすくなっているのかもしれません。

相手の男性は37歳で商社マン。見た目は菅田将暉さんの鼻をもう少しぺしゃっとして、全体的にいかつく、長身にしてスポーツマンっぽい体型にした感じでした。すごいイケメンというわけではないけれど、カッコイイといえばカッコイイ。それに彼の場合は結婚への真剣度も高く、そのあたりの温度感も一緒。その日は、恵比寿で待ち合わせをして、焼き鳥を食べて、そのあと2軒目に大衆的な感じの居酒屋に行って、そのあとは彼の家で飲むという展開でした。

1 2