コラム 【ホンキの彼活日記】マッチングアプリで出会った年収1億円さん…仕事は?どんな生活?どんな恋愛観を持ってるの?〜その1〜

■お金を稼ぐことが人生の目的…どんな生活してるの?

「お金稼ぐことだけを目標に人生生きているんだよね、俺」という、賢也さんは、並外れた上昇志向が、自分にはあると言っていました。反骨精神が芽生えたのは単純で「家が貧乏だったから」とひとこと。「単純にお金持ちがうらやましかったんだよねぇ」と涼しげな顔で言っていました。

それ以上詳しい話は聞かなかったのですが、今はそんな幼少時代から一変。どんな生活をしているのか?と聞いてみると、海外との行き来が多いため基本的にはホテル住まい。都内で3つくらいの部屋を借りているのだそうです。またNYとハワイと……と世界中に家があるそう。

……と聞けば、イケイケに遊んでる経営者かと思いきや、もうそういう時代は過ぎ去ったとのこと。夜のお店で飲み歩いたり、女の子と飲み会三昧みたいなこともなく、同じ経営者仲間と世界中の海で趣味のサーフィンを楽しんだり、好きな物を食べたり……と、今は仲間同士でする遊びのほうが楽しいのだそう。

■マッチングアプリで出会う女性は失礼な子が多かった!?

マッチングサービスは知り合いの経営者にすすめられて、ビジネスのリサーチを兼ねていろいろ使っているそうですが、独身なのは事実で結婚歴もなし。長く付き合っていた女性と別れてしまったのが約1年前のことらしく、いい人がいたら恋愛もしたいし、タイミングが合えば結婚したいけど、今のところ、仕事が忙しいこともあり、なかなかいい相手に巡り会ってないそうです。

「なんかさ、アプリで出会う子って、結構失礼な子が多いなぁって思うんだけど……」

という言葉が出てきたのは、ちょうどワインを1本開けたあたりから。話を聞いてみると、やっぱりお金持ちだから変な女性もたくさん寄ってくるということなのでしょうか。そんな女性もいるのか!と驚きました。

ちなみに賢也さん。英語はもちろん、中国語、韓国語、ポルトガル語も話せるそう。スゴイ!

失礼な女性のエピソードとは? どんな恋愛観を持っていて、どんな女性のタイプなの?は〜その2〜に続きます。

1 2

プロフィール

フルタアミ

1985年生まれ。フリーランスの編集・ライター。ジャンルはファッションや美容系など。高校生の頃は渋谷で毎日たむろするようなギャル。大学に入ってから社会人5年目ぐらいまでは、今でいう港区女子的な感じでいわゆる“金持ち”と合コンを繰り返す。散々遊んだあとの30代は恋愛よりも仕事、仕事の毎日に。「私、仕事が充実しているの!」のキラキラアピールを隠れ蓑に「結婚はまだいいかな」と余裕ぶっていたところ、最近になって“30代ホンキの寂しさ”実感するように。仕事を頑張る今の自分は嫌いじゃない。だけど恋愛も本気で頑張らないと!と、幸せに向かって目下奮闘中! ちなみに見た目は「気が強そう、キツそう」と言われますが、中身はかなりおっとり系です。