コラム 【ホンキの彼活日記】ソレさえなければ素敵女子なのに…合コンで見た、知識多い系女子Uちゃんの非モテ行動〜その2〜

■実はA美ちゃんの方が、一枚上手?

しかし、A美ちゃんは全く気にしていない様子。むしろ「この前の合コン、なんかごめんね(笑)。Uちゃん空気読まなくて」と謝られました。そして「クセはあるけど、すごくいい子なんだよね〜。しっかりしてるから頼りになるし、面倒見もいいし」とのこと。A美ちゃん曰く、知識多い系のUちゃん自身に悪気はなく、ただ知ってることや自分が考えたことを外に出さずにはいられない性格で、その物言いにとにかく悪気はないのだそう。

中身がないのに、無理して知性や知識をアピっているような子とは違うし、その知識の深さや話題の豊富さは、むしろ尊敬していると言っていました。

でも最後のほうにA美ちゃんが言っていたのが「まぁ、モテないけどね(笑)」というひとこと。「とりあえず、“うんうん、すごい! いろんなことよく知ってるね〜”って態度で接してる」と、まるでうんちく系男子を転がすような言い方……どうやらA美ちゃんのほうが一枚上手だったみたいです。

■強すぎる「承認欲求」を出しすぎることはマイナス

そして、そんなA美ちゃんの話を聞きながら思ったのは、この知識多い系女子のUちゃん。そのウザさの根源にあるのは、承認欲求の強さではないかと思います。

自分が正しいということを認めて欲しい、自分の知識力を認めて欲しい、かわいくってモテるA美ちゃんよりも私を評価して欲しい……。その自分推しが強すぎて周りが見えていないし、会話のキャッチボールができていないし、人の気持ちを察することができていないように、私には見えました。そもそもモテたいって思っていないのかもしれないけれど、コレさえなければもっともっと素敵女子なのになぁ……と、考えさせられます。

今回学んだことは「承認欲求」の強さが前面に現れることはマイナスでしかないということです。私自身も自分自分!となってしまうことはあるし、人には認めて欲しいと思います。だけど、それが強烈だと人はウザいと思うもの。単純に気をつけようと思いました。

この合コン、言うまでもなくA美ちゃんが一番人気でした。

1 2

プロフィール

フルタアミ

1985年生まれ。フリーランスの編集・ライター。ジャンルはファッションや美容系など。高校生の頃は渋谷で毎日たむろするようなギャル。大学に入ってから社会人5年目ぐらいまでは、今でいう港区女子的な感じでいわゆる“金持ち”と合コンを繰り返す。散々遊んだあとの30代は恋愛よりも仕事、仕事の毎日に。「私、仕事が充実しているの!」のキラキラアピールを隠れ蓑に「結婚はまだいいかな」と余裕ぶっていたところ、最近になって“30代ホンキの寂しさ”実感するように。仕事を頑張る今の自分は嫌いじゃない。だけど恋愛も本気で頑張らないと!と、幸せに向かって目下奮闘中! ちなみに見た目は「気が強そう、キツそう」と言われますが、中身はかなりおっとり系です。