【ホンキの彼活日記】変わり者のこじらせだった!アプリで出会った年収3000万で48歳の経営者の終わってる考え〜その1〜

【ホンキの彼活日記】変わり者のこじらせだった!アプリで出会った年収3000万で48歳の経営者の終わってる考え〜その1〜

こんにちは。フリーエディター&ライターのフルタアミ、34歳です。

「学歴も年収も肩書きも、何もかも満足できなかった……」。年下のホタテくんと別れ、結婚を視野に入れた“本気の彼活”中!これまでのお話はコチラ

 ■マッチングアプリで年収3000万の男性に出会う

お食事系マッチングアプリが、どうやら盛り上がっている様子。今度は年収3000万という男性と食事に行くことに。プロフィールには、システム系の会社をやっているそうで、年齢は48歳。前回会った、年収1億円の人は(そのときの話はコチラ)、年齢に見えない若々しい感じがありましたが、今回の男性は年齢相応。もう見た目は立派なおじさまでした。

でも、きっと何か面白い話が聞けるのではないか?という興味と、もしかしたらもしかすると?というわずかな可能性も夢見て、休日の夜19時、代官山のイタリアンレストランで食事をしてきたのでした。

■マッチングアプリで数をこなすと、自分がウケる層を把握しやすい

48歳のおじさま……。プロフィール写真はビシッとスーツで、かなりお堅い感じに見えたのですが、会ったその本人はかなりのおしゃれおじさん。Tシャツにジーパンにゴールドのリュック(全部ハイブランドでした)と、かなり洋服好きな雰囲気でした。さらには、レストランで食事をするにあたり何回かメールでやり取りをしたのですが、陽気で楽しげな文面を打つ人で、その明るさは実際に会ったときも、そのまんま変わらずでした。

「いやー、アミさん。アプリでプロフィールを見て、絶対お会いしたいなーって思ってたんですよー」と言うその感じは、少し調子がいいようにも見えたのですが、悪い人ではなさそう。友だちが「自分がウケる層を把握しておくことは大事」と言っていたのを思い出し、私のプロフィールの一体何に惹かれたのか?と聞くと、その彼が言ったのが「大学と、職業」。「華やかな大学、華やかな職業に憧れがあって(笑)」と冗談まじりに言ったあとに、「僕もフリーランスだったことがあるから、話が合いそうな気がして」と言う陽気おじさん。彼はもともと会社を辞めたのちに、フリーランスのエンジニアとして働いていたそうで、そのあとに会社を設立。そういえば、少し前に会った経営者のホリケンさん(そのときの話はコチラ)とケースが似ているのかな、と思いました。また自分にイイねをしてくる人たちの傾向と考え合わせると“職人気質でものづくりの仕事をしている人”には、興味を持たれやすいのかもしれないなーと、ちょっとした自己分析に。マッチングアプリでの出会いも数をこなしていくと、こういう自分がウケる層を把握しやすこともわかりました。

1 2
その1 キャリア 美人探偵 結婚 アラフォー 運勢 浮気 金運 婚活 時短 不倫 アプリ 貧困女子 占い 浮気事件簿 恋愛 恋愛運 恋愛講座 アラサー セカンド
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。