コラム 【ホンキの彼活日記】変わり者のこじらせだった!アプリで出会った年収3000万で48歳の経営者の終わってる考え〜その2〜

■夜の世界で遊び過ぎて、経験人数が500人以上

一体、どんな話から経験人数の話になったのか忘れてしまいましたが、陽気おじさんの経験人数は500人を超え。その相手はキャバクラやクラブの子や風俗の子など、主に夜の女の子たち。みんながみんな遊びだったわけでもないけれど、そこで彼女と呼べるような関係になる人は現れず。でもだからといってセフレではなく、そこに愛情はあったのだと、独自の持論を展開させていました。

そんなに女好きでお盛んな人が、箱入り娘さんとはプラトニックな関係を1年。もちろん浮気はしていたのだろうと思いきや、それは一切なし。「体の関係なんて、なくてもいいでしょ。好きなら」と、そこはなぜか、当たり前のように、言い放っていました。

意味不明すぎる……と思いながらも、きわめつけはマッチングアプリを使っている理由です。「結婚願望がなくても付き合ってくれる子」を探していると言うのです。箱入り娘さんのことが忘れられないのが理由みたいですが、かなり自分勝手だなぁという印象。もはや、こちらからすると、変人過ぎて手に負えないレベルですし、確かにこのアプリの婚活真剣度でいったら、ライトな人もちょこちょこいるかなぁというムード。だから悪いことをしているわけではないけれど、なんだかなぁという気持ちになってしまいました。

■いろんな意味で超自分勝手な人……という結論

変わった人に当たったなぁ、という今回のデート。でも想定外にこの人から、このあとものすごいアプローチがきました。彼が言うことを簡潔にまとめると「話の守備範囲が広いし、普通ならドン引きするような僕の話を顔色変えることなく、聞いてくれたところが良かった」という、かなり自分ごとな理由……。結婚する気はないけど、彼女が欲しいっていう前提も考えると、かなり虫がいいようにも思えます。しかも、この陽気おじさん、箱入り娘さんの一体どこが良かったのか?を聞いたら、「男性経験があまりなさそうなところ」と言うから、さらにびっくり。いろんな意味で超自分勝手な人……という結論になりました。

■興味本位で会うのではなく、もう少し厳選して会うようにしよう

マッチングアプリでいろんな人に会い続けていて思うのが、この陽気おじさんしかり、いつのまにか勝手に免疫力が付いてきたということ。どんな人が来てもせっかくの食事だから、とその時間を精一杯楽しむようにしていますし、それがマナーとも思います。

ですが、ここでよくわかんないレベルを上げることの虚しさ……。早く彼氏が欲しいと切実に思います。会う前からなんとなく気づいてはいましたが、お金持ちでいい年齢で独身(バツなし)となれば、何かないわけがない……ですよね。マッチングアプリは出会いが無限大ですが、興味本位で会うのではなく、もう少し厳選して会うようにしようと考えを改めることにしました。

ここのところ、本当に2回目のデートにつながらない……。

1 2

プロフィール

フルタアミ

1985年生まれ。フリーランスの編集・ライター。ジャンルはファッションや美容系など。高校生の頃は渋谷で毎日たむろするようなギャル。大学に入ってから社会人5年目ぐらいまでは、今でいう港区女子的な感じでいわゆる“金持ち”と合コンを繰り返す。散々遊んだあとの30代は恋愛よりも仕事、仕事の毎日に。「私、仕事が充実しているの!」のキラキラアピールを隠れ蓑に「結婚はまだいいかな」と余裕ぶっていたところ、最近になって“30代ホンキの寂しさ”実感するように。仕事を頑張る今の自分は嫌いじゃない。だけど恋愛も本気で頑張らないと!と、幸せに向かって目下奮闘中! ちなみに見た目は「気が強そう、キツそう」と言われますが、中身はかなりおっとり系です。