コラム 【ホンキの彼活日記】遺伝子でマッチングさせるDNA婚活を初体験!お見合いした男性2人はそれぞれ意外な感想が……〜その1〜

こんにちは。フリーエディター&ライターのフルタアミ、34歳です。

「学歴も年収も肩書きも、何もかも満足できなかった……」。年下のホタテくんと別れ、結婚を視野に入れた“本気の彼活”中!これまでのお話はコチラ

 ■遺伝子レベルで相性がいい人と引き合わせてくれるDNAマッチングを試してみた

少し前にお話しした結婚相談所「NOZZE.(ノッツェ.)」。ここでは、DNAの検査(遺伝子検査)で、その遺伝子レベルでマッチングした人とお見合いができるDNAマッチングサービスを提供しているのですが、(そのときの話はコチラ)この度、実際に入会させていただくことに。やはり私の中で、最も惹かれたのが、このマッチング方法のところです。

「なぜか一緒にいて落ち着く」「理由はわからないがこの人が好き」「とにかく、ビビッと来た」という、本能的に感じとる異性の魅力。

これは、DNAの中にある「恋愛遺伝子」とも呼ばれるHLA遺伝子が関係しているそうで、この遺伝子タイプがかけ離れていればいるほど、男女の相性が良くなることが科学的にも証明されているそう。そのセオリーを用いたお見合い方法を用いているのが、このマッチングのサービスの最大の特徴です。これまでの恋愛で、こういう本能的な恋の感覚をたくさん経験してきたからこそ、出会った瞬間にピンときて、あれよあれよという間に急展開!みたいなことが起きるのではないだろうか?と、興味はどんどん大きくなり、期待は膨らむばかりでした。

■遺伝子検査は何するの?入会してからお見合いまで地味に大変だったことは?

実際に入会してから、お見合いの流れを簡単に説明すると、必要資料を記入・提出して入会手続きが終わると、後日遺伝子検査がキットが郵送で自宅に届きます。この遺伝子検査って何をするんだろうと思っていたのですが、唾液を必要量、専用の容器に入れて送り返すだけ。特に難しいことは、ありませんでした。

ただし、地味に大変だったのが書類を揃えること。独身証明書(これは今住んでいるところとは限らず、本籍地で発行してもらいます)や、収入証明書、大学の卒業証明書のコピーなどなど、こんなものまで提出するの?とかなり驚きましたが、結婚相談所なので当たり前なのかもしれません。ただし、会員の方は全員出しているもの、と思うと婚活への真剣度が増すような気がしました。検査には2か月ほど時間がかかり、それが無事終わったところで、やっとお見合いのセッティングがスタートします。

1 2