【ホンキの彼活日記】高望み、好きになれない、どんどん不利になる……婚活の憂鬱に効く話〜その1〜

【ホンキの彼活日記】高望み、好きになれない、どんどん不利になる……婚活の憂鬱に効く話〜その1〜

こんにちは。フリーエディター&ライターのフルタアミ、34歳です。

「学歴も年収も肩書きも、何もかも満足できなかった……」。年下のホタテくんと別れ、結婚を視野に入れた“本気の彼活”中!これまでのお話はコチラ

わたし、なんで結婚できないんですかねえ?と聞いてみたところ…

仕事でお世話になっている先輩。人生の酸いも甘いも知りつくてるようなアラフォーの姉さんに、ふと「わたし、なんで結婚できないんですかねえ?もう婚活始めてからだいぶ経つんですけどねえ」とボンヤリ言ったところ、スパッと切れ味のいい返答が返ってきました。

姉さん:アミちゃんはねー、話聞いてると、あれなのよ。男の子に望んでるものが多すぎるのよー。

理想が高い女子が結婚できないのは、もう定説。でも実際、高望みしているか?と言われたら、そこはまったくそんなつもりはなかったのですが……。

昔ほど条件を気にしなくなったから、むしろ範囲は広がっていると思っていたけれど……

たしかに20代の頃とかはお金持ちとただただ結婚したいと思っていた時期もありましたし、高学歴な人が良かったし、エスコートも完璧でどうのこうのと高望みばかりしていた時期もありました。そのピークといったら、今思うとかなり無謀なものではありましたが、それが20代後半から30代前半とゆるやかに、条件にこだわらなくなっていきました。昔よりも自立していることとか、仕事も長くやっていることとか、とにかく年齢がモノを言ってるんだと思うのですが、年収はコレくらいないと嫌とか、学歴もないとダメとか、あんまり気にならなくなってきて、そういう意味では恋愛の自由度はあがったのではないか?とさえ思っていました。

たとえば「昔はありえない!」と思っていた歳下男性も、もはや1個下くらいなら感覚的に同い年のようなものだし、4個下、5個下……だって、あり得ない話じゃない。なんて、話を姉さんに言うと、そこには落とし穴がある!とたしなめられました。

姉さん:こっちがいいと思って、向こうがいいと思ってくれない可能性もあるし、すごい年下は結婚を考えていないことが多いし、年上はもちろん同年代くらいの年頃のいい人はすでに結婚していってしまっていることなどを考えると、「恋愛相手」はたくさんいても、「結婚相手」となると結局、その範囲はどんどん縮小傾向になるんだから……。

これまでマッチングアプリとか合コンとか、あらゆる方法で出会ってきましたが、未だにひとりも付き合うところまでさえも進展していないという結果……ただ好きな人ができなかったというか、なんとなく出会うべき人に出会えなかっただけで、とりあえず根気よく出会いを続けていれば、いつか現れるだろうと思っていたのですが、俯瞰してみると時間が経てば経つほど不利方向へ進んでいっていることを痛感させられる話です。

1 2
キャリア 恋愛 時短 アラフォー 金運 セカンド 貧困女子 運勢 恋愛運 浮気事件簿 結婚 占い アプリ 美人探偵 その1 不倫 浮気 恋愛講座 婚活 アラサー
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。