【ホンキの彼活日記】高望み、好きになれない、どんどん不利になる……婚活の憂鬱に効く話〜その1〜

【ホンキの彼活日記】高望み、好きになれない、どんどん不利になる……婚活の憂鬱に効く話〜その1〜

これ!って思える人はもう宝を掘り当てるようなものなのかも?

だからこそなのかもしれませんが、結局はそのものすごく小さな狙いどころを掘り当てに行っているわけであって、なかなか思う人に出会えないのは、当然のことなのかもしれません。なのに、姉さんから見ると、私はチャンスかもしれない人を早い段階で切り捨てているように見えるらしく、それが「望むことが多い」ということらしいのです。

姉さん:向こうに興味持たれなかったならしかたないけど、せっかく相手が気に入ってくれてるのに「コレがダメ」「アレがダメ」ってずーっと言ってる気がする。

いい感じの人だったのに、何かしらの理由があり、こっちからサーっと引いていったパターン。ハイスペックで条件は最高でイケメンで真面目だけど会話がまったく噛み合わなくて無理だった人もいれば、食の趣味もあって一緒にいるとホッとする家族みたいな感じで、結婚の意思もあったけれど確かそのときは「キスが想像できない」みたいな理由で疎遠に……。それ以外にも、けっこう歳上なのにちょっと頼りなさそうで嫌とか、そのときなりの理由があったことが思い出されます。でも、これも決して軽はずみに殴り捨てたわけじゃなく、そのときそのとき落ち込みながら、好きになれない自分を呪いながら手放していった人たちなわけなのですが……。

ターゲットが狭くなり、人から「理想が高い」「高望み」と見られる

理想が高いから結婚できてないんじゃないの?と言われれば、「そんなことない!」と答えたくなりますが、時が経つに連れて、どんどん狙うところの層が小さくなってくが故に、あれがダメ、これがダメとなりがち。それが人から見たら「理想が高い」「高望み」っていうことになるのかもしれません。でも本人からすると、ダメなものはダメだったんだもん!と言い訳したくなる気持ちもあり……。もう、この人だ!って思える人に出会うことは、宝を掘り当てるようなものなのかもしれません。

じゃあ好きでもない人と我慢して一緒になるべきなのか……?でもそれは嫌かもしれない……。でも、こう言っている間にも時間が経ってもっともっと見つけにくくなる……。

このもやっとした気持ちにいても経ってもいられなくなり、あらゆる友達に「どうしよう〜」と話を聞いてもらったのですが、こういうときに、頼もしいと思えたのは既婚者の女友達の話でした。

婚活のモヤモヤに一回ハマると抜け出せなくなるときが、定期的にあるような気がします。

既婚者の女友達がしてくれた心が軽くなる話は〜その2〜で紹介します。

1 2

プロフィール

フルタアミ

1985年生まれ。フリーランスの編集・ライター。ジャンルはファッションや美容系など。高校生の頃は渋谷で毎日たむろするようなギャル。大学に入ってから社会人5年目ぐらいまでは、今でいう港区女子的な感じでいわゆる“金持ち”と合コンを繰り返す。散々遊んだあとの30代は恋愛よりも仕事、仕事の毎日に。「私、仕事が充実しているの!」のキラキラアピールを隠れ蓑に「結婚はまだいいかな」と余裕ぶっていたところ、最近になって“30代ホンキの寂しさ”実感するように。仕事を頑張る今の自分は嫌いじゃない。だけど恋愛も本気で頑張らないと!と、幸せに向かって目下奮闘中! ちなみに見た目は「気が強そう、キツそう」と言われますが、中身はかなりおっとり系です。

不倫 浮気 アラフォー キャリア 結婚 その1 婚活 恋愛 時短 美人探偵 貧困女子 運勢 アラサー 恋愛講座 金運 占い アプリ 浮気事件簿 セカンド 恋愛運
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。