【ホンキの彼活日記】彼との旅行が婚活に役立つ理由と、上手に自分のお願いを聞いてもらうコツ〜その1~

【ホンキの彼活日記】彼との旅行が婚活に役立つ理由と、上手に自分のお願いを聞いてもらうコツ〜その1~

こんにちは。フリーエディター&ライターのフルタアミ、34歳です。

「学歴も年収も肩書きも、何もかも満足できなかった……」。年下のホタテくんと別れ、結婚を視野に入れた“本気の彼活”中!これまでのお話はコチラ

40歳の理系男子経営者ホリケンさんと温泉旅行…そもそも付き合う前の旅行ってアリ?

嫌いじゃないけど、舞い上がる気持ちもない。前回のデートでは、女心を理解していない発言にちょっとイライラすることもあったホリケンさん(そのときの話はコチラ)。でも総合的に考えれば、結婚相手としては悪くないなあと思っている自分がいました。とりあえず、継続させるつもりで連絡を取り続けていたわけですが、結婚への意志が不明確なところはやっぱり不安。それはそれで聞かなきゃ、と思っているうちに、なんとなく話の流れでふたりで温泉に行く話がでたのが、少し前のこと。会っているときになんとなくでた話題でしたが、向こうが乗り気(!?)になったのか「日程、決めようよ」と具体的な連絡がきたのでした。

付き合ってもいないのに、“このまま、旅行に行っていいものなのかあ”と最初は思いました。曖昧な関係にならない? 変に利用されたりしない?と、いろんなリスクがかけめぐったわけですが、今回は行くことにしました。

付き合っていないのに旅行といったら、確かにやすやすとOKしていいわけではないと思います。だけど、彼の場合は経営者といえども港区で飲み歩いているようなチャラついた要素が一切ないタイプ。それは仕事ばかりしているところや、地味なところや、会話をしていて全く女心を理解していない発言が多発するところ(苦笑)からも、明らかでした。旅行に行くことで都合のいい相手になるかどうかでいったら、その可能性はもちろんあるけれど、ただ彼の場合はそれで仲が深まれば、そのまま進展する可能性もあるな、と思ったのでした。

恋愛の「これってアリ?」は相手が「どういうつもりなのか?」予測を立てることが必要

「女の子といちゃつきたいという理由だけで、旅行に行くようなタイプじゃなさそうだし、お互い“お試し”っていう感覚でとりあえず行ってみればいいと思う」

と、最近仲良くなったジム友だちのY子ちゃんに、こう言われたことにも後押しされました。このY子ちゃんというのが、旦那さんは経営者でいわゆるセレブ(30代前半)。しかし気取ったところや、キラキラ感が一切ないタイプの女性です。しかも、もともとはセラピストの仕事をしていたY子ちゃんは、心理学系の資格をいくつか持っていて、恋愛もかなり戦略的にしてきたという、その素朴な見た目からは想像がつかない策士家でもありました。しっかり自分の理想の結婚を手に入れたところに、尊敬の念を持ちながら、最近ではよく恋愛の相談にのってもらっています。

「付き合う前の旅行はアリ?みたいな“付き合う前の●●はアリなのか?”みたいな悩みって、多いじゃない? 付き合う前にキスしちゃったんだけど、これってアリ?とかね。こういうのって、結局相手次第だから、とりあえず相手がどういうつもりなのか?、予測をしっかり立てることが私は大事だと思うんだよねー。

女の子は、だいたいここであーでもない、こうでもない、どうしよう……と永遠に悩み続けるけど、間違っててもいいから、とりあえず“どういうつもりなのか?”一度仮説を立てるのが大切だと思う。

そして、そのあと自分がどう振る舞うか決める。どっちにしろ相手の本心なんて聞いてもわからないことのほうが多いわけだから、一度仮説を立ててから検証していくほうがいいと思う!」

1 2
時短 結婚 不倫 婚活 アラサー 恋愛講座 アプリ 美人探偵 キャリア アラフォー 占い 運勢 浮気 貧困女子 浮気事件簿 金運 その1 セカンド 恋愛運 恋愛
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。