【ホンキの彼活日記】アラフォー姉さんからのアドバイス!恋愛と結婚を別に考えるためのマインド論とは?〜その2〜

【ホンキの彼活日記】アラフォー姉さんからのアドバイス!恋愛と結婚を別に考えるためのマインド論とは?〜その2〜

こんにちは。フリーエディター&ライターのフルタアミ、34歳です。

「学歴も年収も肩書きも、何もかも満足できなかった……」。歳下のホタテくんと別れ、結婚を視野に入れた“本気の彼活”中!これまでのお話はコチラ

合理的な結婚をして自由な結婚生活を10年間送ってきたSさん。そんなSさんに、結婚についてあらゆるアドバイスをもらった(〜その1〜はコチラ)中で、特にタメなったのが恋愛と結婚の切り分け方について。もともとは恋愛体質だったというSさん。いったいどうやって自分をコントロールしたのか? そのマインド論について教えてもらいました。

恋のドキドキについて、論理的思考に切り替えてシミュレーションする

「恋愛体質って、やはり目の前にあるドキドキを優先しがち。だから、私もイケメンと付き合っていたときは、毎日が楽しくてドキドキしたんだけど、ただある程度、結婚はこうしたい……ってのがあったから、徐々に“彼は違うな”って、思うようになったんだよね。でも、やっぱりイケメンにドキドキするから、イケメンと一緒にいたい。どうしよう……

そうやって、悩んだりもしたけれど、結局私がどうしたかっていったら、論理的思考に切り替えて未来をシュミレーションすることで、かなり冷静な判断をしていたのかも。イケメンの子は一緒にいるだけでドキドキして楽しかったけど、私の行動を常に気にしている性格だったから、一緒に住んだら絶対に“どこに出かけるの?”とか、うるさくなるだろうな、とか。私が好き勝手なことをしていたらそのうち嫌な顔するだろうな、とか。

具体的にイメージしながら、未来をシミュレーションしてみると、答えは一目瞭然。だから冷静な判断をできていたのかもしれない」

恋のドキドキは“セクシャル”な魅力であることが多い

「あとね、恋愛のドキドキって、結局そこを突き詰めていくと、“セクシャル”な魅力な気がするの。要は性欲(笑)。つまりカッコイイ男の子とキスしたりスキンシップしたりしたい、ってことだと仮定するとね。それって、結婚って軸で考えると絶対にマンネリが訪れるものじゃない?だから、そこに飽きたときのことを想像して、一緒にいて楽しいと思えるのか?ってところを考えるのもスゴく重要だと思う。

いくらイケメンでも、価値観とか趣味とかがそもそも合わない人で、もしソレがなくなったときに、魅力が残るのかどうか。これを考えると恋愛に対して、ものすごく冷静な目を向けられると思うんだよね」

ほかに自分が楽しめることを見つけて、恋愛欲を薄める

「私、20代前半くらいから、ものスゴく食に興味を持ち始めたんだけど、そっちへの欲がどんどん高まっていくと同時に、恋愛欲が薄まっていった感覚があったんだよね。それまでは恋愛が楽しいこと第1位だったんだと思うんだけど、“食”にこだわり始めてから、どんどんハマっていっちゃって、そっちにお金も時間も使うようになったら、なんかちょっと恋愛の考え方とか、人の捉え方とかも変わった気がしていて。

だから、もしかしたらハマれるような楽しいことを見つけるのも、ひとつの方法なのかもしれないな、って」

1 2
占い その1 婚活 アラフォー アプリ アラサー 貧困女子 恋愛講座 浮気事件簿 不倫 金運 セカンド 恋愛運 運勢 浮気 恋愛 美人探偵 結婚 キャリア 時短
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。