【ホンキの彼活日記】日本がダメなら海外!? ハイスペ男子が狙えそう?フィリピン在住日本人の恋愛事情〜その1〜

【ホンキの彼活日記】日本がダメなら海外!? ハイスペ男子が狙えそう?フィリピン在住日本人の恋愛事情〜その1〜

こんにちは。フリーエディター&ライターのフルタアミ、34歳です。

「学歴も年収も肩書きも、何もかも満足できなかった……」。年下のホタテくんと別れ、結婚を視野に入れた“本気の彼活”中!これまでのお話はコチラ

婚活に疲れきっていた状態でフィリピン留学、意外にもいい方向へ転ぶ

「アミちゃん、久しぶり〜! よく来たね!!」

と、私をフィリピンで笑顔で迎えてくれたのは、昔働いていた会社の先輩。その再会は6年ぶりでした。このN子さんは現在40歳なのですが、フィリピンの首都マニラに6年近くダンナさんと在住。昔からキレイな人ではありましたが、その姿は本当に昔のまま。「まったく、変わらないですね!!びっくりしました!」というのが第一声であったほどです。

フィリピンに何をしに行ったのかというと、実は3週間の語学留学をしていました。英語に興味があったとか、仕事で英語が必要だとか、そういう明確な理由はなく、主な目的はリフレッシュ。ひとりで旅行するよりも、もともと日常会話もままならない英語力が少し改善されつつ、新しい体験に囲まれて楽しく過ごせればいいなぁというなんでもない動機です。

そもそも婚活には疲れていたし、かと思ったら親友のK子が結婚。複雑な気持ちになっていたところ、K子との仲もギクシャクしたまま(そのときの話はこちら)。かなりベストなタイミングだったとも今思います。で、その留学中のとある週末に、マニラ在住のその先輩に会いに行くことになったというわけなんです。

優雅な生活を送るN子先輩がキラキラして見える

すっかりマニラになじんでいるN子先輩。クルマで迎えにきてくれたのですが、なんと運転手付き。ドライブがてら街を案内してもらいつつ、レストランで食事をしたり、買い物をしたりと楽しい時間を。南国に似合った華やかなフラワー柄のワンピースにサングラス姿の先輩が、ホテルのレストランに入る前に、クルマの中にストックで置いてあるいくつかの靴を眺めて「これにしよっかなー」と、サーモンピンクの華奢なピンヒールのサンダルに履き替えている姿は、優雅で艶やか。それがとてもキラキラと私の目には映っていました。

ちなみに、そんなN子さんの職業はフリーランスエンジニア。現在日本企業から仕事を受託していて、打ち合わせなどはすべてスカイプ。こっちに住みながら、日々の仕事をこなしているそう。

「日本でいったら、そんな高い金額もらっているわけじゃないんだけどね。でもこっちって、ざっくりだけど物価は大体10分の1くらいの感覚。だからこの街なら、運転手もお手伝いさんも雇えるし、かなりいい暮らしができるんだよね。もう、この生活は手放せないかもなぁって思ってる」

そして、このN子さんが住む街は、このあたりでも一番の高級住宅地。治安の良さから日本人も多く住んでいて、商社に勤めるいわゆる駐在員さんもとても多いそうです。日本人は日本人同士でコミュニティーができることから、その中での交流も頻繁。たとえば週末には誰かの家でワインパーティーがあったり、夜も誰かのひと声でどこかのバーやレストランに集まったりすることが日常なのだそう。

そんな楽しそうなマニラライフの話の流れで聞いたのが、この街に住む日本人たちの恋愛や結婚事情でした。

1 2
セカンド キャリア アプリ アラフォー アラサー 恋愛講座 浮気事件簿 金運 貧困女子 結婚 婚活 恋愛 仕事運 運勢 その1 恋愛運 美人探偵 占い 不倫 浮気
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。