コラム 【ホンキの彼活日記】大人の魅力って何?超年下男子との恋愛がうまくいくコツ〜その1〜

こんにちは。フリーエディター&ライターのフルタアミ、34歳です。

「学歴も年収も肩書きも、何もかも満足できなかった……」。歳下のホタテくんと別れ、結婚を視野に入れた“本気の彼活”中!これまでのお話はコチラ

33歳の女性と26歳の男性が結婚!最近は超年下男子との恋愛がブーム?

「最近、お客さんで結婚した子がいるんだけどね、その子は33歳で相手の男の子は26歳って言っててね……」

と話すのは、通っているエステサロンのお姉さん。優しい笑顔がチャームポイントで、年齢は現在43歳。4〜5年前に離婚してから、高校生のお嬢さんを女手ひとつで育てている女性です。女優の夏川結衣さんにすこーしだけ雰囲気が似ていて、品もあって、かわいらしさもあって、という親しみやすさがある人です。

この結衣さんから聞いたのが、33歳女性と26歳男性が結婚したよ!という話なのですが、それを発端に「最近、超年下男子と年上女性のカップル多くない?」という話題で世間バナシに花が咲きました。それは自分自身が年齢を重ねてきて、年下男子に興味が向いているからなのかもしれないですし、テレビドラマを見ていても年下男子設定ばかりが目についてしまいます。

『初めて恋をした日に読む話』や『中学聖日記』は、その年齢差が衝撃的でしたし、恋愛ではなくサスペンスですが『あなたの番です』の手塚翔太(田中圭)と菜奈ちゃん(原田知世)も15歳差のカップル。その少し前だと『きょうは会社休みます。』や『ラストシンデレラ』も“超年下男子との恋愛”がテーマ。見ているこっちからすると、まやかしで希望が持てたりもするので楽しいでしかありません。

そして、実際にこういう話を身近でチラホラ聞くようになると、なおさら嬉しい(!?)。ちょっと前に8歳年下の男の子に恋しちゃった自分も全然恥ずかしくない!今っぽくてまっとう!と開き直れてしまうほど(8歳下の池松くんに恋して終わった話はコチラ)です。しかも、最近の若者男子の恋愛観が変わりつつあるというリアルな声も……!

1 2