コラム 【ホンキの彼活日記】「結婚は僕にとって、ものすごく不利な契約でしかない」東大出身の天才系男子くんの本音〜その1〜

こんにちは。フリーエディター&ライターのフルタアミ、34歳です。

「学歴も年収も肩書きも、何もかも満足できなかった……」。歳下のホタテくんと別れ、結婚を視野に入れた“本気の彼活”中!これまでのお話はコチラ

東大出身の天才系男子くんとデート 「アミさんは、どうして結婚したいの?」

「アミさんはどうして結婚したいの?」と言われたのは、趣味で恋愛マッチングをしているユージさん(ユージさんの話はコチラ)に紹介された東大出身の天才系男子くん。ハムスターみたいな顔をしていて見た目はとっても愛らしく、童顔なのですが、中身は頭脳明晰。今は大学で哲学を勉強しながら新規事業を手がけたり、新しい事業の準備をしたりとさまざまなことをやっているようですが、とにかく“変わっている”というのが第一印象でした。(そのときの話はコチラ

どうして結婚したいのか?という話の続きはだいぶあとで説明するので、まずはこの彼のことについて紹介します。

東大生は東大生同士じゃないと話が合わないなんて言われているように、彼の話はたしかに小難しいことも多く、たまに「?」になる場面も。ちょっと淡々としていて、少し冷たい人なんじゃないか?と思うところもありました。でも場の空気が和んできてからは、彼のお茶目な人間性も見えて、「あぁ、ただ構えていただけだったんだなぁ」と安心。とりあえず彼と一緒に時間を過ごせば、自分の心が結論を出してくれるだろうということで迎えたのが、天才系男子くんとの2回目にて初デート。やってきたのは、魚料理のお店でした。

「あ、なんか、この人ちょっといいかも」と思い始める

2回目に会った彼は1回目よりもこぎれい?といったら失礼だけど、髪の毛を切ってさっぱりしていて、ちょっと見た目がステキになっていました。なので、会った瞬間に少しテンションが上がったわけですが、見た目ってやっぱり大事。自分自身が見た目をしっかりキレイにしていくことの重要さも再確認しました。しかも「髪の毛切ったんですか?」と言ったら、「そうそう、よくわかったね。今日アミちゃんと会うから、美容院さっき行ってきた」と彼。そんな発言にちょっとかわいいなーなんて思ったのですが、彼は聞いたら末っ子長男。お姉さんがふたりいるそうで、どうやら弟気質なところがあるようです。

彼はかなり警戒心が強いタイプなので、最初は身構えていたけれど、それがなくなればけっこう気さく。ふたりの空気はあたたかくて、私にとっても居心地のいいものでした。その日は仕事でちょっとしたトラブルが起きて、私がお店に着いてそうそう、そんな話をガーッとしゃべってしまったのですが、それに対してはしっかり話を聞いてくれるし、優しい。基本的に自分の話をする人ですが、人の話もしっかり聞いてくれる。徐々に好感度が私の中で上がってきて「あ、なんか、この人ちょっといいかも」と、思い始めていたのでした。

1 2