コラム 【ホンキの彼活日記】え、それだけで?男性のたったひと言で関係がギクシャクして破綻した話〜その2〜

こんにちは。フリーエディター&ライターのフルタアミ、35歳です。

「学歴も年収も肩書きも、何もかも満足できなかった……」。歳下のホタテくんと別れ、結婚を視野に入れた“本気の彼活”中!これまでのお話はコチラ

Yちゃんに起こったトラブルとは?

今回は、いい感じだった男性のたったひと言で、Yちゃんがドン引きしてしまったエピソードをご紹介しています。お相手は30歳のジェントルマンな彼で家はお金持ち、話を聞いてる限り言うことなし……(〜その1〜はこちら)。一体何があったのか、電話口のYちゃんに聞いてみたところ、こんな話でした。

Yちゃん:今日さー、彼の家でゴハン作るかどうするかLINEで話しててね。
私:うんうん、それで?
Yちゃん:彼はゴハン作ろうって言ってきたんだけど、私は彼の家の近くにある有名なレストランのデリバリーとろうよ!って送ったの。
私:うんうん。そしたら?
Yちゃん:「わかった、いいよー」って彼から返信がきて……そこまではよかったんだけど、そのあとさぁ「その代わり、今回はYちゃんのおごりね(テヘペロ絵文字)」って入ってきたの……。ちょっとドン引きしちゃってさぁ。
私:あー、なるほど……。

私の脳裏には「え、それだけ?」という気持ちと、「あ〜、わかる」というふたつの気持ちが。そして「彼は一体、どういうつもりなのかなぁ?」と続く、Yちゃんの話。

彼が一体どういうつもりなのか?に気持ちが集中するYちゃん

Yちゃん:本気で言ってるのかな? それとも冗談? それか私がここで払うかどうか試してる?  なんか、もう一気にイヤになっちゃった……。ていうか、今まで“女には出させない”って感じだったのに、なんでこのタイミングでこういうこと言ってくるんだろう? まだ会って4回目だよ? 私のことそんなに好きじゃないってこと?

このジェントルマンくんが冗談なのか、なんだったのか、とにかく「おごって雰囲気」を出したことに、ものすごい拒否反応を示していたYちゃん。実際問題、彼の性格をいろいろ聞いてると(ジェントルマンですが、それは海外経験が長いからで女性経験豊富な遊び人ではなく真面目)、冗談で言っただけな気もするし、むしろそういう冗談を言い合えるような仲だよね?っていうの本人なりの表現だったんじゃないかとも思いました。

でもYちゃんにそれを言っても、その発言自体に嫌悪感で聞く耳を持ちません。「この言葉さえなければ、楽しかったのに」と本気で残念そう。そしてその場で彼に「今日は会えなくなった」とLINEを返信。「その言葉がないだけで良かったなら、もっとなんとかなるんじゃない? それで終わっていいの? もったいなくない?」と何度も言いましたが、Yちゃんの下がった気持ちが上がることはなく、そのあとこの男の子とはギクシャクしたまま終了案件になったそうです……。

1 2