コラム 【ホンキの彼活日記】海外系マッチングアプリ2つを使ったら、1日で17人と出会いが…婚活モチベーションが上がった話〜その1〜

こんにちは。フリーエディター&ライターのフルタアミ、35歳です。

「学歴も年収も肩書きも、何もかも満足できなかった……」。歳下のホタテくんと別れ、結婚を視野に入れた“本気の彼活”中!これまでのお話はコチラ

そろそろほんとに出会いに乗り出さなければ…

先週、コロナ禍でもせっせと婚活をしている同い年のYちゃんの「え、それだけで?その男性のたったひと言で関係がギクシャクして破綻した話」をしましたが、そろそろ私も動き出さないとと思いました。

やらなきゃ、やらなきゃと思いつつ、時間ばかりが過ぎていく日々。なぜこんなに重い腰が動かないのかといったら、これだけ外出自粛が続くと人と会うスイッチが全然入らない。からの、それが通常モードになりつつあり、気持ちがやっぱり外に向きません。それでも毎日毎日の仕事はじまりみたいにきっとやり始めたら、どんどん気持ちがのってくるのではないか、と思ってYちゃんに

ー今、マッチングアプリ何使ってる?

と連絡をしたのでした。

ちなみにこの連絡から約1日で数人と出会い、メッセージのやりとりをすることになるのですが、脳みそがやっと新しい出会いモードに切り替わってきました。悪くない出だしです。

Yちゃん使っていたマッチングアプリが惹かれるものだった

Yちゃんが使っていたマッチングアプリ。これが私にとって惹かれるものだったのですが、それが「Bumble(バンブル)」と「Coffee Meets Bagel(コーヒー・ミーツ・ベーグル)」。2つとも海外で流行ったもので、日本でもわりかし知っている人は知っているアプリだといいます。

1 2

Ranking

Information