コラム 【ホンキの彼活日記】いいなぁと思った男の子とのデートで感じた、「ギャップ萌え」ならぬ「ギャップ萎え」〜その1〜

こんにちは。フリーエディター&ライターのフルタアミ、35歳です。

「学歴も年収も肩書きも、何もかも満足できなかった……」。歳下のホタテくんと別れ、結婚を視野に入れた“本気の彼活”中!これまでのお話はコチラ

SNSでの自然な絡みがたまたまデートのきっかけになった

先日、たまたまFacebookをぼんやり眺めていたときのこと。とある投稿を見ておおお!と心がおどって、すぐさまコメントをしたのでした。

いったい誰のどんな投稿だったかというと、それはフィリピンで知り合ったとある男性のレストランの投稿でした。数か月前にロックダウン寸前のフィリピンで起こったコロナ問題により日本への脱出劇、そこで成り行きでフィリピンから日本に帰るまで行動をともにした男の子がいたのです。ひとことでいうとイメージは超さわやかくん。見た目は嵐の二宮くんを塩顔にした感じで、イケメン……からの、職業は税理士でスマートでレディファーストで超やさしい人。その対応から、当時付き合っていた元彼の東大出身の天才系男子くんに感じていた違和感が浮き彫りになったことも、今では懐かしい思い出です(そのときの話はコチラ

その彼が「ここの焼き鳥、おいしい!」とレストランについて投稿していたのですが、なんとそのお店がたまたま私が大好きなお店。そんな彼の投稿に運命を感じて「ここ私も好きなお店!おいしいよね!」と、なんでもないコメントを残したわけなのですが……そしたらまさかのそのコメントきっかけに「今度、飲みに行きませんか?」と彼からダイレクトメッセージが届いたのです。

もちろん、このときは狙ってやったわけじゃないのですが、SNSでの自然な絡みがきっかけになることを胸に留めておこうと思いました。フィリピン脱出後、数回LINEのやりとりはあったものの、彼との縁はとっくに切れていたと思うので、何かなければその縁の復活はない関係性。SNSによる思わぬ幸運でした。

タイミングなど、いろんな条件が揃いに揃っている彼に甘い夢が広がる

この二宮くん似の塩顔さわやかくんからの連絡で、テンションがだだ上がりしたのは言うまでもありません。うまくいったらいいなー、話があうといいなーと、何着てこっかなー、と完全に浮かれていました。

向こうがデートのつもりかどうかはさておき、とりあえず独身で彼女と別れたばかりということはすでに会ったときに聞いていたのです。そこから、このコロナで外出自粛状態。彼がその間に誰かと付き合って婚約している可能性は少ないし、彼女ができてることもたぶんないのではないか?とも思っていました。

それに、もし彼女がいたとしたら「飲みに行こう」と異性を誘ったりするようなタイプにも見えません。年齢は32歳で私より年下ですが、適齢期といえば適齢期です。そのまま意気投合してトントン拍子にことが進まないだろうか……と、甘い夢が広がるばかりです。

1 2