コラム 【本気の彼活日記】LINEで絵文字をいっぱい使う年下男子の気持ちとは?〜その2〜

こんにちは。フリーエディター&ライターのフルタアミ、35歳です。

「学歴も年収も肩書きも、何もかも満足できなかった……」。歳下のホタテくんと別れ、結婚を視野に入れた“本気の彼活”中!これまでのお話はコチラ

先週のさわやか塩顔くん、ギャップ萎えしたものの(そのときの話はコチラ)、もう1回会ってみようと様子見しているところで、その子の話を男友達に相談してみました。

昔からの飲み友達で既婚、子持ち、遊び人の40過ぎの代理店マンのその彼は、今のところは年下男子としてかわいがられようとしているから、本気で付き合いたいなら、どこかでその関係を対等に戻すことが必要だよ、と言ってくれました(その1はコチラ)。

年齢差によって、できてしまっている男女差。対等な関係に戻すにはどうしたらいいのか?さらに彼に聞いてみたのでした。

男女逆転現象をどうにかして元に戻そう

代理店マンの男友達:このLINEのやりとりみてるとさ、なんか男女逆転しちゃってる感じあるんだよね。男の子のほうが絵文字いっぱい使ってて、アミのほうはどちかというと絵文字もほとんどなくてサッパリ。アミもさすがに、年上の気に入ってる男性にこういう態度とらないでしょ(笑)。

私:たしかに。

代理店マンの男友達:試しに気に入ってる年上男性とのLINEなんかある? それと比べてみなよ。

年上男性とのLINEと実際に見比べてみると、その差に驚きます。絵文字もたくさん使ってるし、このさわやか塩顔くんとのLINEの私と比べると、かわいげがある(笑)。

代理店マンの男友達:どうしてもねー、女子もさ、歳を経ると貫禄出てきちゃうからねー。そうやって姐御肌になってっちゃうのは、しかたないんだけどね。

でも対等な感じというか、男女の形に正常に戻したいのであれば、アミもちょっとしおらしくしつつ、LINEも絵文字増やして女らしさを出してくことだね。

今はアミが店選んだりとかしてるかもしれないけど、男の方にお店選んで連れてって貰ったりしてさ。そうやって徐々にお姉さんキャラを脱していくことかな(笑)。

私:それって今から難しくない(笑)?

いきなりではなく、“徐々に”がポイントらしい

年下の男性であっても、そこは仕事でもなんでもなくプライベート。恋愛カテゴリーにおいては、かわいげとか女性らしさとかは忘れてはいけないんだなぁということが、身にしみてわかったような気がします。

代理店マンの男の友達曰く、その姉御キャラで寄ってくるのはヒモっ気のある男しかない、とのことでした。でも今さらどうやって……と思ったのですが、

代理店マンの男友達:だから、徐々にやっていくのが重要。いきなりは不自然だからね。めんどくさいけど、そういう駆け引きを楽しむくらいの勢いでやればいいんじゃない?

1 2