コラム 【ホンキの彼活】合コンで友達だけモテてる……あの居心地悪い状況でどうするのが正解だったのか〜その2〜

こんにちは。フリーエディター&ライターのフルタアミ、35歳です。

「学歴も年収も肩書きも、何もかも満足できなかった……」。年下のホタテくんと別れ、結婚を視野に入れた“本気の彼活”中!これまでのお話はコチラ

成り行きで若者たちの合コンに友だちのYちゃんとふたりで参加したら、Yちゃんだけがモテる空気に。ふたりで参加しているからこそ、片一方だけに賞賛が偏るのは、正直ツライものがありました。

最初は楽しもうというノリでいたものの、途中から自分がどう振る舞っていいかわからず、微妙なテンションで終わったその合コン……いったい、どういう態度が正解だったのか?という問いが私の中に残ったのでした。(〜その1〜はコチラ

まずは認めないといけない自分のいろんな気持ち

まずは自分がとんでもなく負けず嫌いなことがわかったのですが、でも、女性って、とはいえ、そんなものなのでは?とも思います。

「見た目の価値が隣の子より低い」と言われたら、相手が誰であろうとやはり落ち込むもの。特にYちゃんの場合、今まで何度となく同じところに出かけてきているものの、こんなダイレクトな経験は初めて。正直、昔は見た目でそんなに差があったようには思いません(というか、こういう気持ちは相手との差が僅かだからこそ、起こるものかもしれませんが)。

ただし、長い年月が経った今。せっせとジムに通い、エステにホワイトニングに……と美意識が高いYちゃんと私では大きな差がついてしまったということ。まずはこの事実を認めざるを得ません。

そして、あとひとつ。自分がそうはいっても相手が超年下の婚活には関係なさそうな男の子であっても、それでも「モテたい」という気持ちを強くもっているということです。情けないですが、彼女よりもとは言わないまでも、せめて同じくらいモテたい、女として負けたくない。でも現状は見た目で「負け」を言い渡された状態……この合コンでの私です。

1 2