コラム 【本気の彼活日記】婚活に大きな変化が!久しぶりにアプリデートをして思ったこと〜その2〜

こんにちは。フリーエディター&ライターのフルタアミ、33歳です。

「学歴も年収も肩書きも、何もかも満足できなかった……」。歳下のホタテくんと別れ、結婚を視野に入れた“本気の彼活”中!これまでのお話はコチラ

久しぶりにマッチングアプリで会った人とデート。その相手は今の自分のライフスタイルや、考え方の共通項がとても多い人でした。しかも約1年前に留学した語学学校にも縁がある人。(〜その1〜はコチラ) 期待してもいいのではないか?と思いながら、そのデートはスタートしたのでした。

知的で何かもがスムーズだったお食事デート

場所はイタリアンレストラン。第一印象は真面目で誠実そうだな、という彼は、お笑いコンビで今は俳優さんのイメージが強い石井正則さんにそっくり。しゃべり方から何から、かなりの度合いで似ていて「よく言われるだろうな」というレベル。なので、あえて口には出さなかったものの、あの知的な感じそのものでした。

食事を初めて40分くらい。何もかもがスムーズで違和感ナシ。20代の頃はレストランに行って男性がメニューを選んでくれないことにイライラしたり、ワインを女性に選ばせようとすると幻滅したりしていましたが、そのすべてが30半ばにもなると、本当にどうでもよくなっていました。遊んでいる男性ほどできることだったりもするので、目の前の真面目そうな石井さんに何の期待していなかったのですが、それらもスマートで完璧。

そして話を聞いてみると、彼は法政大学を卒業し、最初は某大手メーカーに入り、そこから転職してIT企業に入り、最近3度目の転職をしたばかり。今の会社は超有名企業というよりは、最近急成長しているITベンチャー。そこでマネージャー職をしているそう。この経歴を聞いて思ったことは、コツコツと努力してきた人という印象です。大学や会社名のインパクトや華やかさはないですが、着実にお金を稼いでいて、キャリアアップしている。「経歴で人を判断する」とだけ言えばバッシングの対象ですが、それでもその人の経歴はその人のことを表しているもの。彼の雰囲気と合わせて、素直にとても好印象なイメージを持ったのでした。

これはアリなのでは?と思ったのですが……。

1 2